God Of Water Pot

God Of Water Pot

家の昔からある蔵にはなにか得体の知らないものがたくさんある。いつの時代からのものかはわからないけど、小さい頃のオレには、なにか不気味な雰囲気を感じ取っていた。その中に、つぼみたいな大きなものがあった。そして開封厳禁と書いていたのだ。当時のオレはその漢字の意味が分からなく、なんか怪しいものだなとしか受け取っていなかったし、とても気になっていた。ある夏休み、おれは蔵でそのつぼを開けてしまったのだ!中には水みたいなものがたっぷりと入っており、なんか甘い匂いがした。数分後、いきなり煙が出てきて怪しいじいさんが出てきたのだ。まるで仙人のようで、お経みたいなものを唱えているのだ。その日から毎日、蔵で遊んでいたが、その仙人はずーっとぶつくさいっているだけであった。いつの間にかつぼの水が無くなったらそのじいさんもいつの間にか消えてしまった。もしかしたら、水を切らしてはいけなかったのかもしれない。ごめんよ、じいさん・・・