Dracula Taiman

Dracula Taiman

まさかの新事実が発覚された。まずは、本当にドラキュラという架空上の人物が本当にいたのだ。ドラキュラの末裔というのは数家族に分かれているらしく、現在わかっているだけで100家族くらいはいるらしい。そして、そのドラキュラの成人になる儀式があるらしいのだ。その儀式とは、ドラキュラ通しのタイマンだというのだ。タイマンの内容はその人々や、家族、家系によって変わるらしいのだが、時には血を流すこともあるらしいのだ。そのタイマンの開催地がなんと毎年NYCのとあるビルの屋上であるらしい。そして何より恐ろしいのが、タイマンで負けるとそのビルから突き落とされるのだ。死ぬやろと思うだろうが、ドラキュラというのは不死身で、いくら大けがをおおっても必ず復帰するのだ。よってこのタイマンはある意味命がけなのだ。見事優勝すると、その年代の大統領になれる権利がもらえるらしい。知られざるドラキュラの世界である。