Wada Croquette

Wada Croquette

東京の下町はまだ残っている。東京スカイツリーができて下町の方も賑わってきているのだが、まだまだ知られていない商店街というのはあるものだ。その中の一つが銀座にあるシャンゼリゼ商店街だ。えっ、銀座にそんな場所ってあるの?そう、本当にみんな知らないのだ。銀座にだってまだ住んでいる人はいるので、商店街は残っているのだ。その商店街にある和田コロッケ店は、100年前からある老舗中の老舗。コロッケだけを昔から売っている。なんでテレビとかに取り上げられないのか、不思議なくらいにおいしいのだ。後、注目をしたいのが、和田さん自身。コロッケを作りすぎて、好きすぎて、自分に衣をつけてあげてしまったのだ。それ以来彼はコロッケになっており、似た目にもインパクトがあるのだ。60歳を超えた今でも、現役で働いており、息子の3代目もコロッケになれと説得中らしい。好きなものに囲まれて生きるのはある意味幸せなのかもしれない。