Pachinko Ball Batting

Pachinko Ball Batting

カキーン、大空に響き渡る金属音の音。そう、夏は高校野球などあり野球の季節でもある。金属バットにボールが当たる音は夏の風物詩ともいえる。そんな高校球児が野球に専念している夏だが、バッティング技術を向上させるために新たな機械が開発されたのだ。そのマシーンとは野球ボールが飛んでくるのではなく、直径1cm程度のパチンコ玉が飛んでくるのである。その早さというのは約130km。そのスピードで小さい玉が飛んできても、最初はなかなか捉えられない。このパチンコ玉をちゃんと見えて、打てるようになったら、打率はグーンと上がるのだ。パチンコ玉を芯で捉えられるようになったら、メジャーリーガー並みの打率を手に入れ、高校野球界では無敵になるのだ。実際このマシーンを導入した高校は、その年の夏の高校選抜で優勝したのだ。マシーンが向上すれば、人間も向上するのである。