Demon Tofu

Demon Tofu

昨今の海外での健康ブームに日本食が取り上げられている。日本食はカロリーが低めで栄養バランスが取れているからだ。そこの点をついて日本の豆腐メーカーが海外進出を試みた。いろいろな豆腐の種類を海外で製造している。ある程度はやはりブームによって売れるのだが、やはり一般家庭では日本食をどうやって作っていいのかわからないので、なかなか豆腐が浸透しない。そこで、現地のプロデューサーに相談して一緒に開発に携わってもらった。そこで彼が出してきたアイデアというのがかなり斬新なアイデアだったのだ。豆腐は豆腐なのだが、日本の童話を用いた豆腐というのを提案してきたのだ。その中でも一番良かったのだ、鬼の形をした豆腐だった。そのデザインもかわいらしく、スーパーでおいていたらつい手に取ってしまいそうな感じ。この鬼豆腐を販売したところ、瞬く間にヒット商品になった。今では海外で鬼といえばこの鬼豆腐を表すくらいの認知度になったのである。所変われば方法が変わるといういい例である。