Lancerbook vol5を配信しております。

新しいLancerbook vol5がUPされました。Lancerbookとはクリエーターが集まって自分たちの作品を発表するウェブマガジンです。毎回テーマを設けていたのですが、今回はあえて自由なテーマで制作しました。よって今までよりはもっと各個性が表れている作品に仕上がっていると思います。ぜひご覧ください。
http://www.lancerbook.com
こちらのリンクアドレスからご覧になれます。ギャラリーのページから作品見られます。過去の作品もあるのでぜひご覧ください。

LANCERBOOK Vol5

Onigiri Girl

Onigiri Girl

日本人の米の消費量がついに小麦粉より下回った。これは一大事である。お米の国なのに、小麦粉に負けるなんて何たることだ。確かに若い世代を中心にパンが人気があるので、お米を食べる機会が減ってきているのがこの結果を招いたのだろう。パン屋さんがたくさん出来ている時代なので、消費者からすれば購入しやすく、消費量がアップしたのだろう。その反面、おにぎり屋さんは少なく、日持ちもしないこともあってか、どうも伸び悩んでいるのだ。これではいけないと、政府が起こしたおにぎりプロジェクトがある。それはおにぎりアイドルを作ってPRしているのだ。「おにぎりを食べよう!」をスローガンにおにぎりソングも作って、活動しているのだ。最初は地味に活動してきたのだが、最近では人気が急上昇!国民的アイドルも夢ではない位置にまで登ってきている。これをきっかけに日本人の米離れが解決してくれることを望んでいる・・・

Bubble Navel

Bubble Navel

へ、へそが~。急に膨らみ始めたへそ。何がいったい起こっているのだろうか?ある国のある地域だけで発生している謎の現象。へそが急に膨らんで地上にいてられずに浮かんでしまうという現象だ。どんどんと高くまで登っていき、100m付近で気圧の関係上へそが割れてしまうため落下して生死の問題になっているのだ。へその膨らみは急にくるのですぐに何かに捕まらないと、浮いていってしまうのだ。5分もするとしぼんでくるのだが、なにせ急に膨らんでくるので、対処のしようがないのだ。本当にいったいなにがこの地域で起きているのだろうか?国の調査団が調べてみたところ、この地域にあてはまるあるデータが浮かび上がった。それは、この地域では風船ガムの生産量が世界一で、消費量も世界一なのだ。風船ガムの摂取が多いために体に変化が現れている模様だ。政府はこの調査から風船ガムの摂取の規定を設けようと動き出している。何とも恐ろしい現象だろう。

Tofu X

Tofu X

家を出たらいつもと違う景色???何だこれは?目の前が真っ白で他に何も見えない。ん?どうしていいのかわからずにいったん家に戻ったのだが、よーく考えてみてもなんだか全く意味が分からない。勇気を出してもう一度出てみて良く観察してみると、なんか柔らかい素材のものが目の前にあるようだ。これはなんだろう?においを嗅いでみると、どうも豆腐らしいことがわかった。なんでこんなに大きい豆腐が家の前にあるのだろう?どう考えても想像を絶する出来事で、理由を考えてもわからないのだ。また、こんな大きい豆腐をどのように運んできたのかも全くわからない。すべてが謎なのだ。とにかくこの巨大な豆腐を超えていかなければ外に行けないので、ひたすら豆腐の周りを歩いてみた。向こうの道路まで到達するのに10分も歩いてしまった。なんて大きな豆腐なのだろうか。とりあえず、意味を考えるより、帰りも豆腐があるのかの方が心配だ。豆腐は好きだけど、こんなに巨大な豆腐ははっきりいって迷惑である。

Girl On The Piping

Girl On The Piping

ボクの住んでいる街はヨーロッパでも昔のままが残っている中世を感じる街だ。だから建物の外に配管など剥き出ている建物とか見ると違和感を感じるほどだ。そこに更なる違和感を感じる場所がある。街角のある一角の建物だが、ここも配管がむき出しになっているところだが、さらにその配管の上にベットがおいてあり少女がいるのだ。どういうこと?なんで少女がそんなところにいるの?10mくらい地上から離れているのに、少女は臆することなく平然とそのベットの上で寝ているのである。命綱もないのに、ひょいひょいと配管の上を移動しているのだ。なんという少女だろう。では、なぜに配管の上に少女はいるのであろうか?そこが最大の謎で、近所の人に聞いてもわからないし、誰の子供なのかもわからないのだそうだ。不動産会社も対処に困っているのだそう。住民はあんまり気にしていないようなので、そのままにしているそうだ。よってボクの街の観光スポットになりつつあるのである。

Balloon Virus

Balloon Virus

世界が揺れ動いている。何が起こったのだろうか。世界中の子供の間である病気が流行っている。その病気の症状は徐々に顔だけが膨らんでいくという病気だ。どんどん膨らんでいって最後には風船のように体が宙に浮かんでいくのだ。そのために子供が急に行方不明になることもあって世界は驚愕しているのだ。この病名はバルーンウィルス。風船のように顔が膨らむことから名付けられている。何のウイルスかというと、モモンガから発生したウイルスのようだ。空を飛ぶところが似ているが、人間の方はたまったものじゃない。症状の始まりはほほの部分にピンク色の湿疹が出てきて1ヶ月もすると、直径1mほどまで顔が膨らむのだ。この病気は顔が膨らんでも痛みを感じないことが問題で、当の本人は痛みがないからほっとくことなのだ。そのうち顔が膨らみすぎて、どうしようもなくなるのだ。未だにこの病気のワクチンは作られていない。世界中の子供は顔が膨らんでいくのだろうか・・・

Rat Star

Rat Star

今競馬界が熱い!すごい人気なのだ。子供から大人まで週末になると競馬に出かけるのだ。今までの競馬界の歴史でこのくらいの人気があったことはない。その理由としては絶大な力を誇るラットスターという名馬がいるからだ。名前からして決して早くて強いような競走馬には感じないが、そのギャップがとても親近感が湧いて人気があるのだ。もう60戦無敗、常に勝利をしているのだ。そんな馬はいままでにいなかったので、どこまで記録を伸ばすか注目されているのである。そして次の注目はラットスターの名前。これは見た目を表した名前だ。馬も人間も同じか、名前によってその人の雰囲気が現れてくる。そう、このラットスターの顔はまるでネズミなのだ。ネズミの顔をしている馬ってなんかすごいギャップを感じる。まったく早そうに見えない顔なのだ。だが、逆にそれが、ここまで競馬ブームを起こしている親近感を表しているのだろう。ラットスターは間違いなく今世紀最大の名馬だ。

Cosmo Gate

Cosmo Gate

神社にある鳥居は神聖なもの。真っ赤に塗られた鳥居は神社に入るときに気をひきしめてくれる。まさに神に会いにいく時の神聖なる儀式みたいなものだ。だが、その鳥居の本当の意味を知っている人はかなり少ない。神社の意味を知っている人はかなりすくない。というか公に出来ないことだからだ。実は神社とは宇宙との更新の場所なのである。神社には一般の人が入れない場所がある。そこは宇宙とつながっているところなのだ。そこから宇宙船んがやってきて、宇宙人が鳥居を通ると人間に変わるというものなのだ。逆に鳥居を通ると宇宙人に戻り自分の星へ帰っていくのである。よって普段は気付かないが、世の中にはたくさんの宇宙人が存在するのである。もしも友達で鳥居をくぐるのを拒否した人は宇宙人とみていいだろう。もしかしてあなたのそばにいるのかもしれない。ちなみに宇宙人通しはにおいでわかるらしい。

Salt Mummy

Salt Mummy

なんじゃこりゃ~!一見単なる地面だと思ったら、なんとミイラだったのだ!それも人間の何倍もあるまさに巨人のミイラだったのである。ミイラといっても普通のミイラではない。なんと塩に埋まっているミイラなのだ!なんでこんなところでミイラになっている人間がいるのだろうか?この場所は南米にある塩の湖と言われる地帯で、辺り一面が塩でできている地形なのだ。その中に洞窟が出来ていて、そこでミイラが発見されたのだ。塩の中でミイラになったので、今までに見たことのないミイラの出来方なので非常に貴重なサンプルだ。それに、こんな人種がいたのかというくらい大きいミイラなのだ。この2点から考古学者、生物学者はこの地方を調査し始めた。確かにこの地方から伝わる話では、巨人が生息していたことがわかっている。どうやって彼らは絶滅したのだろうか。それが今回のミイラから解明されるのだ!人類の歴史を揺るがす出来事となるだろう・・・