Eruption Head

Eruption Head

ふんがー!もう頭にくる!こんな言葉を発したことはないだろうか。本当にむかつくことがると、頭が爆発したくなる。そんな状態がマックスに達すると、本当に頭が爆発するのだ!その爆発の仕方はまるで鹿児島の桜島の噴火のように煙が黙々と出てくるのである。人間こんな状態になることがあるのだろうかと、みんな目を疑うのだ。だが実際、この現象になる人は少なからずいる。今までの人生でたまったストレスがある出来事がきっかけで、プツンとキレるのだ。そのときに一気にたまった怒りが噴火という形で体外に現れるのである。頭が割れているのかというとそうでもなく、頭のてっぺんが隆起してきて、山のようになり、頂上からドッカーーーンという音が鳴り、煙がでてくるのである。怒りが収まると、山がしぼんで普段通りの頭にもどるのだ。医者もこの現象の仕組みはわかっていない。このくらいまでストレスをためている方が問題なので、噴火頭になる前にストレス発散をしましょう。