Float Foot

Float Foot

人間は己の限界に挑戦したいもの。最大の夢となるとやはり空を飛びたいという願望が一番強いみたいだ。ボクの場合は少々違った。忍者のように水の上を歩くというのがボクの願望だったのだ。小さい頃から何回も水の上を歩く練習を繰り返していたが、一度も成功しなかった。大人になってより考えるようになった。子供の頃はとにかく早く歩く方法を考えて練習していたが、さすがにそれだけでは無理ということを大きくなるにつれてわかってきた。そこで足を膨らますという方法はどうにかできないのか考えたのだ。そしてついにボクはその方法を見つけたのだ。それは一発で成功してそれ以降ボクは水の上を歩けるようになったのだ。まるで足が浮き輪のように簡単に身体が浮くのである。これでボクはもしかしたらアメリカ大陸まで歩いていけるかもしれない。それがいまのボクの夢だ。