Kobitokaban

Kobitokaban

えっ!それって何に使うの?それに何を入れるの?また世の中に不思議なものが誕生した。使う用途が全くわからないのに、流行っているのである。それは「コビトカバン」というもの。その名の通り小さいカバンだ。その小ささが驚きなのだ。その大きさは約1~2cmなのである。何をそんな小さなカバンに入れるのか全くわからないが、世の中の女子たちはこのサイズがあまりにも可愛いいと思っているらしい。実際に何をカバンに入れているのかと聞いてみると、何も入れていないケースが多いのだ。「だって何も入らないんだもーん」って当たり前だ。だがこのカバンは意外と高いのだ。その理由はなんとカバの皮を使っているからだというのだ。あまりにもカバの皮は貴重なために、大量に作ろうとしてこんなに小さなカバンを考えたのだという。だったら最初からカバンなんて作らなければいいのにと思うが世の中の流行とはわからないものである。