Bell Suzuki

Bell Suzuki

みなさん鈴木の名字の由来を知っているだろうか。全国にも沢山いる名字の代表格だ。その鈴木の本当の姿を知ってもらおうと全国の鈴木さんがある行動に出ているのだ。その行動が世間を驚かせているのである。どんな行動かというと、鈴の一部になって鐘を鳴らしているのだ。どういうことと思うだろう。そう、鈴木の由来は鈴を鳴らす人なのだ。それも本人が鈴になりきって鳴らすからだ。それは今まで鈴木さん本人も知らないことだったのだ。そのことをできるだけ広めようと全国の鈴木さんは鈴になりきっているのだ。では何で昔はこんな役割があったのだろうか。時計がなかった時代、時間を知らせる方法を考えた。そこで人間が鐘を鳴らすという方法が一般化したのだが、鳴らす材料がなくなり仕方がなく人間自体で鳴らすことになったのが発祥である。鈴木さんは体を張った職業だったのだ。全国の鈴木さんは自分の名字に誇りを持とう!

Human Pack

Human Pack

ここまで科学は進歩したか。ついに人間はある一線を超えてしまったかもしれない。だが、人口が増え続ける世の中なので、人口をコントロールしなければいけない時代なのだ。ではどのように人口をコントロールするのかというと、あるエリートの人間を一定期間保存するのだ。人間を腐らせず、さらに齢をとらせず、同じままで保存できる方法が開発されたのである。それが「人間パック」と呼ばれるものなのだ。いわゆる真空パック状態にしているだけだのだが、中は除菌が完璧にできているために劣化が進行しないのだそうだ。この人間パックを利用して国連は人口をコントロールしようとしているのだ。地球は今後安定するのだろうか見ものだ。

600 Times Quiz

600 Times Quiz

歴代史上最高の視聴率を叩き出している番組がある。その番組はクイズ番組だ。なんとこのクイズ番組は驚異の90%の視聴率を出したのだ。国民の10人に9人は見ている番組ということになるのだ。それってある意味恐ろしい。ではなぜにこのクイズ番組は人気があるのだろうか。それはクイズの仕組みによる。なんとボーナスで600倍の賞金がもらえるクイズがあるのだ。そのクイズはめちゃくちゃ難しく、今まで誰も正解していない。このクイズに正解したら、もう億万長者になれるのである。番組が進むにつれて賞金額も増えていて、とんでもない額になっているのだ。いつ億万長者が出るのかスリル満点で視聴率が高いのである。いつこのクイズに正解者が出るか見ものだ。

Big Rotation

Big Rotation

人間の探究心は衰えることはない。むしろこの探究心を持っているからこそ色々と発展してきたのだろう。だが、この探究心の方向がたまに間違っていることもあると思う。そのいい例がバンジージャンプだ。なんであえて危険なことをするのか意味がわからない。そしてそのバンジージャンプがさらに進化しているのだ。それはビッグローテーションというものだ。何がどう変化したのかというと、バンジージャンプに足りなかった回転の要素を取り入れたのだ。飛ぶ前にぐるぐるとゴムの部分をねじって高速回転しながら落下するというものだ。落下の力が加わってものすごいスピードで回りながら落ちるのだ。この感覚がスリルを味わえるらしく、人気が出てきているのである。なんでこんな恐ろしいことを考えられるのかさっぱりわからない。

Seaweed Hammock

Seaweed Hammock

最近はリラックスする時間が減ってきている。それはストレス社会が常習化している現代では、難しいことだからだ。そんなストレス社会で溜まったストレスを少しでも和らげてもらおうと政府がストレスレス運動を始めたのだ。その第一弾として政府が開発したのが海藻を使った商品だった。それは「のりハンモック」というものだ。日本は海藻天国で以前から海藻を使った商品の開発に力を入れていた。そしてついに海藻を使った強度の高い布を開発したのだ。それを使ってのリラックスグッズとして「のりハンモック」を作ったのである。開発費はかかったが、海藻自体はとても安いので、安価なハンモックに仕上がったのだ。なんと100円で買えるということで、少しでもリラックスしてもらいたい。

New Chonmage

New Chonmage

平成の侍じゃ!平成生まれが成人して時が経つ。ニューエイジの若者が、新たな未来を担っていく。時代時代で新たなものが生まれていくのだ。そして今平成生まれの間で流行っているのが、クール侍と言われるスタイルだ。昔の髪型であるちょんまげをするのが流行っているのだ。それもいろいろなちょんまげがあるのが今風である。特に髪の毛を染めてするちょんまげが流行っている。このスタイルはニューちょんまげと呼ばれており、海外でも人気が出てきているのだ。とてもパンクな雰囲気といい、男らしさが出るので、女性にも人気があるのだ。少々ひ弱に見えている日本人もこれで強く見えるかもしれない。やはり昔から学ぶことは多いのである。

Soba Hair

Soba Hair

とんでもないことが起きている。自分のしたことに今更ながらしまったという感じだ。それは何かというと、自分の体毛があるものに変化したのだ。その変化とは毛がそばになってしまったのである。嘘だろと思うだろうが本当だ。それは単にそばを食べ過ぎた結果のそばアレルギーなのだ。そんなことって起きるの?って自分でも思ったほどだ。実際に毛がそばになってほとんど身体がそばに覆われてしまった。まるで毛むくじゃらな人になってしまったのだ。なんてことなんだ。もう見た目は動物か妖怪である。もうこの体質は戻ることはないのだろうか。この一件以降、あんなに好きだったそばを食べられない身体になったのである。悲しい・・・

Frog Man

Frog Man

最近なぜか虫がよく見えるようになってきた。今までは気付きもしなかった虫が気になるようになってきたのである。それはなぜなんだ。そして言葉も忘れがちになり、ついにはゲロゲロっていう鳴き声が自然に出てくるようになったのだ。オレに何が起きているのか?病院に行ってみると、カエルになり始めているという聞いたこともないことを言われた。何なんだ!その日以来さらにカエル化が進みついには四つん這いになってゲロゲロと言い出したのだ。そして虫がさらに気になり始めて、舌で虫を捕まえるようになってしまった。このカエル化とはなんなのであろうか。病院もどうやって治していいのかわからないらしい。俺はこのままカエルになってしまうのかもしれない。

Bricks Man

Bricks Man

ヨーロッパの街ではよく見かけるレンガの壁。このレンガの壁に異変が起きている。どんなことが起きているのかというと、レンガを数個取り除いて、その隙間に人間がすっぽりと入っているというのだ。それも世界の至る所でそのような現象が起きている。その姿を写真で撮ってSNSにアップしているのだ。本当にそんなことあるの?って疑いたくなるのも無理はないだろう。そもそもレンガを簡単に取り除けるとは思わないし、どうやって隙間に入れるのか不思議なのだ。そして先日、本物のレンガマンを見た!本当にすっぽりとレンガの隙間に入っているのだ。あまりにも自然に挟まっているので気づかないなだ。もしかして気づかないだけで、昔からレンガマンは昔からいたのかもしれない。