Draining Wiper Man

Draining Wiper Man

なんでこんな身体になってしまったのだろうか。自分でも自分を不思議に思ってしまう。突然自分の頭部が水切りワイパーになってしまった。なんの関係性もない水切りワイパーにだ。そんな酷なことって起こりうるのだろうか。だが私はこの機会を運命と受け止めて、清掃会社に転職をしたのだ。もちろん自分の特技を窓掃除にすることが目的だ。配属部署を窓清掃部隊にして、日々窓拭きに精進している。特に大好きなのが高層ビルの窓拭きだ。私は高いところが大好きで、そこから見える景色と、窓を綺麗にしたという優越感がたまらなく良いのだ。水切りワイパーの頭部になって改めてよかったと思えるようになった。発想の転換が人生において重要なポイントなのだと再確認したのである。