Extension Cord Man

Extension Cord Man

世の中には様々なコレクターが存在する。一般的に人気のあるものから、なにそれ?って突っ込みたくなるものまで、種類はたくさんだ。オレの友人は後者の方で変なものを集めている。なにをコレクションしているのかというと、延長コードを集めているのだ。そこらへんに普通に買える延長コードだ。どうも種類は豊富で、毎シーズン新作が出るというのだ。今まで集めた延長コードの数は1000個以上だというから驚きだ。そしてさらに驚くのが、自ら延長コードになろうとしているのだ。まだ開発途中だが、自分自身が延長コードになるという仕組みを研究している。誰が延長コードになりたいと思っているのかが謎だが、情熱がすごいので感心するのである。

Frog Mansion

Frog Mansion

高度成長期がとっくに過ぎた日本は、古いものが段々と増えてきている。特に住宅は50年近く経っているので、そろそろ見直さないといけない時期にきているのだ。その中でも団地、マンションなどは早急に対処しなければいけなし。マンションによっては空き家が多くて、管理が行き届かなくなっているからだ。建て替えるにも、デベロッパーが不景気で上手くいかないのだ。そのため、考え出されたのがテーマ型マンションだ。リノベーションをしてテーマに沿ったマンションに作り変えるのだ。第一弾として「カエルマンション」と言うものを開発したところ、これが大当たり。世の中にはカエル好きがたくさん存在するのだ。カエルの外観をしているマンションで、各部屋もカエルのインテリアなどカエルづくしのマンションなのだ。第二弾としてイグアナマンションを開発中である。テーマ型マンションは日本の経済を支えられるかもしれない。

Elevator Fat

Elevator Fat

ある友人の家を訪れた時の話だ。エレベーターに乗って6階に行こうとしたら、エレベーターの中に入れなかったのだ。3台あるエレベーターのうち1台は乗れないらしい。それはなぜか?なぜならエレベーターの中に人が住んでいるからだ。とても大きく、太っている人がエレベーターを占拠しているのである。一度入ったら二度と出られなくなったらしいのだ。仕方がなくエレベーターの中で暮らしているのである。住人はエレベーターを使えなくて困っているのだが、エレベーターの工事をするのは相当な費用がかかるので、住人もどうしようもないのである。エレベーターにとどまっている人は意外に過ごしやすいらしく、快適に過ごしているらしい。とても奇妙な光景である。

Deodorizekun

Deodorizekun

母親に言わせると、生まれた時からボクは潔癖症の傾向にあったらしい。おっぱいは必ず乳首を拭いてからではないと吸おうとしなかったらしいのだ。何がそうさせたのかわからないが、大人になった今では、極度の潔癖症なのだ。特に、匂い系にはとことん潔癖だ。そのためか、身体中に消臭剤をつけるまでになって、ついには独自で開発した消臭剤をかぶるようになったのだ。この消臭剤のマスクのおかげで、普段からきれいな匂いだけ嗅げるようになった。作りはいたって簡単。消臭剤をたくさん入れた容器をかぶるだけだ。ほとんど顔は消臭剤で隠されるため、外部の匂いを寄せ付けないのだ。周りになんて言われようが、ボクはこれでいいのだ!

Sea Bream Man

Sea Bream Man

私は釣りが大好きでよく海に行く。特に岩場での釣りが大好きで、人が寄り付かない岩場を見つけては魚を釣るのが大好きだ。海外にもよく釣りに行っては、人気のない岩場を探して、釣りに行くという釣りに人生をかけていると言っていいほど大好きだ。イタリアに行った時の話だ。いつものように釣りポイントを探して釣っていると、大物のひきがヒットした。1時間もの格闘の結果、立派な石鯛を釣り上げたのだ。だがおかしいのだ。いつもとは違う石鯛だ。なんと人間のように手足があるのだ!そんあん石鯛が存在するとは聞いたことがない。なんて凝った!これは新種の石鯛なのか。ここのポイントでは手足が生えた石鯛が釣れる。もしかしたらこれは世紀の発見かもしれない。

Mini Lion

Mini Lion

ある日動物園に行った時だ。久しぶりに行った動物園はいろんな動物がいて、とても面白かった。特にボクは猛獣コーナーが大好きで様々な猛獣を眺めていた。ちょうどライオンのコーナーを見ている時に、足に痛みが走った。なんだと思って足元を見てみると、なんか小さな動物に噛まれているのだ。大きさは約5cm程度。なんの動物かわからず、しゃがんで見てみると、なんと!小さなライオンだったのだ!なんでライオンがこんなところにいるのだ?小さくてもライオンの噛む力はとても強く、そのままにしておくと足をかじり切られそうになる。そもそもそんな小さなライオンは存在するのかも怪しい。ボクの足を噛んでどこかへ行ってしまったが、あれは珍しい種類のライオンかもしれない。

Chestnut Poo

Chestnut Poo

最近トイレに行くのがとても怖い。数回に一度うんこをするときにかなりの激痛が走るからだ。最初は痔なのかなと思っていたのだが、どうも違うようだ。出てくるうんこが違うのだ。どんなうんこかというと、まるで栗のようなうんこなのだ。トゲトゲがあって、そのトゲが腸と肛門に当たって痛いのだ。あまりにひどいときになると、大量の血が出て、ものすごく痛いのである。痔の人はこんなにも痛いものに耐えているのだろうか。どのようにしたらこの栗のうんこの痛みから逃れられるのだろうか。これからトイレに行くのがとても怖い。うんこなんてでなければいいのに・・・

Bronze Crocodile

Bronze Crocodile

ワニはどう猛な生き物だと思っている人が多い。もちろん獲物を撮るときはがぶりとかぶりついているのだが、お腹が空いていないときはのんびり過ごしている動物だ。お腹も月に一度食事を摂ればいい程度なので、ほとんど獲物を捕獲してはいないのだ。そんなほとんどのんびり過ごしているワニだが、最近変化が見られている。なんと暇なときに日光浴をしているのだ。そしてこんがりと肌を焼いているのである。人間が肌黒くなっていくように、ワニの皮膚も黒くなっているのだ。長年の日光浴が変化をもたらしたのである。生態系を調べると、人間と同じく、ワニも肌が焼けていた方が雄としてモテているようだ。不思議なものである。

Fish Circus

Fish Circus

世界にはたくさんのサーカス団が存在する。国内を回っているものや、世界を回っているものなど様々だ。サーカス団の中には動物をメインにしているサーカス団も多々ある。だが、今回メキシコで結成されたサーカス団はとても変わっている。何が変わっているのかというと、魚がメンバーのサーカス団だ。魚がサーカスをして人々を笑わしたり、驚かしたりするエンターテイメントなのだ。魚ってこんなに動きがすごいのかと驚いてしまう。世界から様々な魚を集めてきて、世界で唯一のサーカス団を結成したのだ。特に見所は綱渡り。魚がアクロバティックな綱渡りをするのは人間のサーカスと変わらないのだ。魚好きにはたまらないエンターテイメントだろう。

Anger Bar

Anger Bar

最近常にイライラしている。ちょっとしたことでもイライラしてストレスがマックスだ。こんな状態が数ヶ月続いたところ、ある現象が現れた。それは怒ると必ず棒みたいなものを持つようになったのである。どこからか棒が出てきて、それを持ってプンプンしているのだ。イライラがマックスで、落ち着いておられず、この棒がどこから出てくるのか不明だが、棒を持って振り回すと、気分が少し和らぐのだ。それに、棒を持って怒り出すと、怒りの表現が相手にはっきりと伝わってお互いにとってよくなるのだ。本来ならば、怒らないのがベストだが、性格上まだまだそれは無理なきがする。いつかこの怒りん棒の癖を直さないといけない。