Capsule Myself

Capsule Myself

医療というのはこんなにも急激に進化するのか?今まで有名でもない一人の人間がある驚きの寿命を延ばす方法を考えついたのだ。それは自分自身の分身を製造して、それを毎日一回服用するという方法だ。この方法を「自分カプセル」と名付けた。どのようにまず分身を製造するのかというと、精密な分離器というところに入って、ぐるぐる回すと、小さい自分が何万個とできるのだ。それを一つ一つのカプセルに入れておしまいだ。それを毎日飲むだけで100年は寿命が延びるのだ。それも体力的には20-30代の力を保つからさらにすごい技術なのである。この方法は料金が高いように思うが保険が適用されるために一般人にも十分に服用可能な値段だ。寿命を延ばす方法として一般化していくだろう。