Slope Catch Ball

Slope Catch Ball

とんでもない練習方法を考えたものだ。ボクらは高校でバッテリーを組むピッチャーとキャッチャーだが、より技術をあげようと編み出したキャッチボールの方法がある。それはとても急な坂でのキャッチボールだ。ピッチャーが坂の上からボールを投げて、キャッチャーが坂のしたで受け止めるというものだ。ピッチャーはコントロールの練習にもなるし、球が伸びるので、豪速球を投げる練習にもなる。キャッチャーは坂の下で受け止めるので、いつもよりボールの重さに集中しなければいけないし、上へとボールを投げるので方が強くなるのだ。とても危険で辛いキャッチボールだが、ボクらバッテリーはこの方法で甲子園への切符をつかんだ。まさに独自で見出した練習方法である。