Bear Kindergarten

Bear Kindergarten

子供の安全は親が守るものだと考えられていた。だが、必ずしも親が見守らなくても良いのではないかということを考えた人がいる。それは自然と一緒に暮らしている人だ。その人物が森の中に新しい幼稚園を建設して話題になっている。自然と暮らす幼稚園ということでも人気が出ているのだが、それ以前に子供の安全を守る方法が話題になっているのだ。それはクマと一緒に登園するというものだ。園児がクマに乗っているという見た目がワイルドなのだ。クマは子供を襲わない習性を活かして、子供を大人から守ろうという計画だ。これが意外にも成果をあげている。流石に大人はクマに驚くので、自然に子供は守られているのである。とてもユニークな発想だ。