Garlic Nose

Garlic Nose

どこからこんなにニンニクの匂いがしてくるのだろうか。ある日を境にとてもニンニクの匂いに敏感になった。ニンニクは好きだからいいのだが、流石にこんなにも匂うとおかしすぎる。そんなとき鼻がとてもムズムズしてきた。おかしいなと思ったら、鼻がとても膨らんできたのだ。鏡で見てみるととてもおかしい。鼻がとても大きくてニンニクの形をしているのだ。このニンニク臭さはもしかしてこれが原因なのか。鼻自体がニンニクになってこの匂いがしているのだろうか。そして一番の疑問は何で鼻がニンニクになったっていうことだ。この状態こそ本当におかしなことなのだ。一生ニンニクの匂いを嗅いで生きなければいけないのだろうか・・・

Balloon Boil

Balloon Boil

お尻がとても痒い。とても大きなおできができているようで、それがかゆみの原因だ。その大きなおできがある日さらに大きくなって身体から離れた。そしてそのおできから糸のような皮膚が伸びていき、おできが浮いているのだ。何だそれ?まるで風船のようではないか。そしてこのおできはとても浮力が強いようで、お尻の辺りが宙に浮こうと浮力が働くのだ。ついにこの浮力に耐えきれなくなり、お尻から浮いて、身体全体が宙に浮くようになってしまった。とても間抜けな姿である。おできを取り除いてしまいたいのだが、どうも身体の一部であって、血管が通っているので、簡単に取り除けないのだ。このまま宙吊り状態で生きていかなければいけないのか心配だ。

Granola Pool

Granola Pool

最近になって人気が出てきたグラノーラだが、あることをすると違う使い方があることが発見された。それも驚きのことができるのだ。何とグラノーラをいつものようにボールに入れて牛乳を注ぐ。そこでグラノーラと三回唱えるだけで、身体が小さくなり、何とグラノーラの中に浮かぶことができるのだ。何でそんなことができるのかとても不思議だ。普通に考えたらありえない出来事だからだ。そしてグラノーラの中をスイスイと泳げるのだ。戻りたいときは、もう一度グラノーラと三回唱えるだけで、元の姿に戻れるのだ。流石に戻ったときはずぶ濡れになっているのだが、なぜこんなことができるのかわからない。これぞグラノーラマジックといえよう。

Parasol Eyebrows

Parasol Eyebrows

梅雨に入ると雨ばっかりで困ってしまう。テンションも下がって天気も気持ちもどんよりしてしまう。そんな梅雨になってから身体の変化が現れた。眉毛がどんどん伸びてきたのだ。その都度切ってもどんどん伸びてきて収拾がつかなくなった。そしてかなり眉毛が伸びたかと思ったら、ある形に変化してきたのだ。それは傘の形である。眉毛が傘の形になって、雨から目を守ってくれるのだ。何でそんなことになったのだ。目を雨から守る理由は何であろうか。そもそも雨の日は傘を差すので、目を守る必要ってあるのだろうか。よって目の上に傘がある状態なので、とても変な顔になっているのだ。これは何かの予言なのかもしれない。

Mattress Bag

Mattress Bag

う、う、う、何のための苦行なのか。これ以上ないと言いたくなるほど辛い。オレの身に何が起きたのかというと、ある日突然背中が重くなった。そして背中を見てみると、得体のしれない大きなものが背中に乗っかっている。取ろうとしても取れないのだ。どうも身体にくっついているようなのだ。そしてその得体のしれない大きなものは、ベッドのマットレスなのだ。何でそんなものが背中にくっついているの?こんな重いものをずーっと背負っていないといけないなんてなんて拷問だ。どうやっても取れないので、仕方がなく背負ったまま生活している。扉では引っかかったりするのでとても不便だ。いつまでこんな苦行が続くのか・・・本当に辛い。

Life Key

Life Key

コンピューターを使っている人ならわかると思うが、キーボードのショートカットキーを覚えておくととても便利だ。そのキーボードに謎のキーが存在することをご存知だろうか。それは80歳以上の年齢でコンピューターを使っている人にしか見えないものらしい。いわゆる都市伝説の類だが、どうやら信憑性は高い。では何が見えてくるのかというと、キーボード上に「LIFE」というキーが見えてくるというのだ。そのキーを使ってショートカットキーを押すと1年以内にそのショートカットキーのことが実際に起こるのだという。一番恐ろしいのはLIFEとQを押した時だ。自ら人生を終わらせることができるからだ。本当ならばこれはあってはならないショートカットだ。もしLIFEキーが見えても押さないようにしよう。

Pot Head

Pot Head

オレはすぐに怒りやすい性格だ。ちょっとしたことでも、すごく怒るので、知り合いはなるべく穏便にすませようとして、まるで刃物を扱うようにデリケートに接してくる。それでもやはりすぐに怒るので、周りも困っているようだ。オレ自身も起こることは嫌いだ。でもすぐに頭に血が登ってコントロールをできなくなるのだ。そこで友人が提案してくれたのが、逆の発想でこの怒ったエネルギーを他のことに活かしてみたらということだった。そしてたどり着いたのが、鍋を頭につけるということだ。怒ったときの熱で鍋を温めようということだ。これがハマり、怒ったときの熱でお米を炊くことができるようになった。いまでは美味しいご飯が食べたいので、すぐに怒るこの性格を気に入っている。

Penguin Head

Penguin Head

以前の好きな動物はペンギンだった。あの可愛らしい歩き方、表情などとても愛おしいかった。だがあることをきっかけに嫌いな動物がペンギンになったのだ。なぜに180度も変わったのかというと、自分の頭がペンギンになってしまったのだ。それも生きているペンギンである。そんなことってあるの?って疑問に思ってしまう。きっかけは動物園に行ってペンギンを眺めていたと来た。突然ペンギンが暴れだして、僕の方へめがけて飛んで来たのだ。飛べないはずのペンギンなのだが、そのまま僕の頭に突撃したのである。その衝撃で起きた時には頭がペンギンになっていたのだ。このまま一緒に生きていけないのかもしれない。いまではとてもうざいと思える存在だ。

Leek Reindeer

Leek Reindeer

北国に存在するトナカイを自然で見るととても壮大だ。体のラインも綺麗だし、何と言ってもあの長い角がとても特徴的で印象深い。さらにサンタクロースとトナカイがセットになっているイメージで良い印象がもともとあるのだ。その自然のトナカイに異変が起きているらしい。それは北欧に生息するトナカイで、あの立派な角がおかしなことになっているトナカイがいるというのだ。早速調査に行って見ると簡単にそのトナカイに遭遇した。遠目から見ても明らかに今までのトナカイとは違う。トナカイの角があの長ネギになっているのだ。なんで長ネギに変化したのかは今だにわからない。もともと北欧の森には存在しない長ネギなのに、どうやったらこんなことになるのだろうか。これは何かのサインなのかもしれない。

Big Strawberry Short Cake

Big Strawberry Short Cake

最近めちゃくちゃ話題になっているケーキ屋さんがある。なぜに話題になっているのかというと、とてつもなく大きいイチゴが乗っているショートケーキを販売しているからだ。イチゴの大きさはなんと!20cmも高さがあるイチゴなのだ。ケーキよりイチゴの方が大きいので、バランスがとてもおかしい。どのようにしてケーキに乗っているのかもとても不思議に思える。そして一番不思議なのは、そんなに大きなイチゴが存在していることだ。イチゴってこんなにも大きく育つのか、どのように栽培しているのかわからないのだ。このケーキ屋さんが特別に契約している農家でしか作れないということだ。このくらいインパクトがあるケーキでも味はとてもおいしいから人気がさらにあるのだろう。