Long Double Tooth

Long Double Tooth

八重歯というのは女性にあるからかわいいのであって、男性の八重歯はどちらかというとカッコ悪い。そしてこの八重歯がとても変な形になっていたら、最悪の見た目だ。その八重歯の持ち主がオレである。20歳まではごく普通の八重歯であったが、わからない程度に少しずつ伸びていた。伸びてきているのに気付いたのは口に収まらなくなってからだ。どんどん伸びてきて、最終的に現時点で60cm程度八重歯が伸びてしまった。先端が尖っているので、まるでセイウチのような牙に見えるのだ。見た目のインパクトはすごくて驚かれる。この八重歯はどこまで伸びていくのだろう・・・

Hand Tongue

Hand Tongue

なんて便利な機能なんだ。最初は気持ち悪くてとても嫌だった。そう、オレの舌は二つに分かれたことが原因だ。ある日間違って舌の先に傷をつけてしまった。その日を境に徐々にこの傷が広がっていって、最終的には舌が二つに別れたのだ。とても変な感覚だし、見た目がとても気持ち悪いので、なるべく口を見せないようにマスクをしていたのだ。だが、いつの間にかこの舌が自由に動かせられるようになり、さらに伸び始めていろいろなことができるようになった。まるで第二の手のようにまで扱えるようになった。今では本物の手よりも使いやすいので、舌の手を使っている。もう気持ち悪いのを通り越して便利さが優ったのである。

Big Potato

Big Potato

あれはなんだ!なんなんだ!突然現れた大きな物体に世間はざわついている。上空にどこからともなく現れた大きな飛行物体。そのまま街の上空に留まっている。その姿はまるで映画のインディペンデントデイだ。何が上空に留まっているのかというと、大きなジャガイモなのだ。こんなにも大きいジャガイモが存在すること自体おかしいし、そもそも上空に浮いていることもおかしいのだ。そして毎日15時になるとどこからともなくジャガイモが集まってきて、大きなジャガイモに吸収されるのだ。毎日少しずつ巨大化しているジャガイモは何のために大きくなっているのだろうか。そして全国、いや世界のジャガイモは不足してきているようだ。この飛行物体の真の目的はいかに。

Mochi Shoes

Mochi Shoes

なんて素材なんだ!餅ってこんな使い方ができるとは想像もしなかった。もちもちした素材とは色々な形に変形するもの。その性質を利用して新しい商品を開発したのだ。それがどんな足にも適用する餅シューズだ。丸い餅がそのままあり、そこに足を突っ込むだけでシューズになるのだ。どんな形の足でも靴擦れをおこさないし、柔らかい素材で包み込んでくれるので、足にも相当優しいのだ。そしてこの餅シューズは自分でカスタマイズもできる。色も塗れるし、形を変えることも可能なのだ。よって餅シューズを一つだけ持っていればいろんなシューズに変身させられるということなのだ。なんて素晴らしいシューズなのだろう。

Mobile Phone Washlet

Mobile Phone Washlet

登山をしていると困るのが急なお腹の痛みだ。自然に触れるとどうしても催してしまうことがある。大自然の中で用を足すのは気持ちがいいことでもあるが、いつも使い慣れているウォシュレットが使えないのが心もとい。そこであるものとウォシュレットが合体した商品が開発された。それはほとんどの人が持っている携帯電話だ。携帯電話がウォシュレットとしても使えるなんて夢のような商品ではないか!どんなトイレでもどんな場所でももう気にしないで用を足せるのだ。不思議なのは水を入れなくてもウォシュレットとして使えるという点だ。それも無制限に出てくるのだ。この仕組みは企業秘密だそうだ。これからは携帯電話にウォシュレットがつくのは当たり前の時代となるだろう。

Cat Quickle

Cat Quickle

日本で開発されたお掃除道具のクイックルワイパーはとても使いやすく、お手頃なので各家庭に一つはあるものになった。気軽にお掃除できるのでとても便利だ。動物を飼っていると、どうしても毛が抜けるので部屋中が毛むくじゃらになる。よってクイックルワイパーはとても役立つのだ。だが実際はお手軽といってもクイックルワイパーを買わなければいけないので、案外お金もかかるもの。そこに目をつけて動物が毛を出すのだから動物を使って部屋を綺麗にしてみようという発想が出た。それは猫をクイックルワイパーにしてしまおうという案だ。猫に棒をつけて床を拭くのだ。猫の毛はゴミを吸着しやすいのですごく綺麗になるのだ。猫は自分で毛を掃除するので、洗う手間もいらない。まさに猫は掃除の救世主だ!

Mushrooms Man

Mushrooms Man

秋になるとハイキングの季節になりたくさんの人々が山登りを楽しむ。その一つの楽しみ方としてキノコ狩りがある。キノコの美味しい季節なので、人気があるのだ。たまに松茸なんて見つけてしまったらテンションが上がるのだ。そんなキノコ狩りをしている人々の間である山に生息しているキノコが話題になっている。キノコの傘の部分が人間の顔になっているというのだ。それは中年のオヤジの顔をしているらしい。そしてそれだけならまだしも、このキノコのオヤジは話すというのだ。それも日本語を話すというから尚更驚く。ハイキングしていると、どこからともなく呼び声がしてきて、このキノコオヤジが話しかけてくるというのだ。キノコにナンパされるなんて夢にも思わないだろう。このキノコはとても美味しいらしいので、見つけたらラッキーだ。

Medaka Baby

Medaka Baby

家で観賞用として親しまれてきたメダカが再ブームになっている。熱帯魚ブームが長く続いたが、やはり手間がかかるので、もっと身近に魚を飼えないのかと再び注目されたのがメダカなのだ。そのメダカが最近おかしなことになっているという話題が出ている。何がおきているのかというと、メダカが人間の赤ちゃんを宿るというのだ。どのような背景でそんな現象が起きるのかわからないが、どう見てもSNS上で上がっている投稿を見ると写真合成とは思えないのである。だが、この赤ちゃんが生まれたという投稿もまだ存在しない。この赤ちゃんはできたらどうなってしまうのだろうか・・・

Banana Skirt

Banana Skirt

まさかこんなところにもリサイクル・エコロジーの考えが反映されるとは思わなかった。それはフィリピンで開発された技術で、フィリピンといえばバナナの生産国1位を誇る国だ。そのバナナを使った新しい製品が開発されたのだ。それはスカートである。バナナの皮を使ってスカートを作ったのだ。このスカートが可愛いと世界の女性が求めたのだ。バナナは美味しいのだが、いつも皮がゴミとして出てしまう。そこに目をつけたバナナ農園が独自で技術を開発してバナナの皮を繊維に変えたのだ。それで作ったのがスカートだったのだ。形もバナナの皮の形をしており、バナナ感たっぷりなのである。

Oyaji Garbage

Oyaji Garbage

ゴミ出し日というのは地域によって決まっている。週間や月間カレンダーが存在し、住民の皆さんは決められた日に指定のゴミを捨てる。それによって地域の秩序が保たれているのだ。そして我々の住んでいる地域でしか聞いたことのないゴミの指定日が存在する。それはオヤジという指定日だ。オヤジってなんだ?もしかして父親ってことなのか?その日にオヤジらしきものが捨ててあるのを今まで見たことがなかったのだが、先日初めて本当にオヤジが捨てられているのを発見した。本当にこの地域ではオヤジを捨てることができるのだ。そんなことってありなのだろうか。そもそも捨てられたオヤジはどこに行くのだろうか。捨てられたオヤジはどうなったのだろうか・・・