Shrimp Pen

Shrimp Pen

みんなが普段から食べている海老は、日本が世界最大の消費国だ。その際に出る殻が大量に出るので困っている。この殻を何かに流用できないのか考えた機関がある。そして辿り着いた答えが文房具だ。海老の殻からインクの成分があることが判明して、これを使えないのかと開発したのだ。そこから出たのが海老を使ったペンだ。海老そのままを使っているところがすごい。殻から抽出されたインクを使っているのだ。海老のペンにしたのは、海老からインクが出来ているのを意識してもらうためらしい。このペンは見た目のインパクトから話題になっており、下半期のヒット商品になっている。海老は今後も注目されている材料だ。