Boring Roll Insect

Boring Roll Insect

ボーリングは70年代に流行った娯楽だが、最近になってまたにわかにブームが訪れているらしい。そのボーリングの知られざる事実を知らない人が多い。ボーリング場の営業が終わった後にはレーンの掃除が始まる。その時にボーリングの球を磨いたり運んだりしなければいけないのがとても大変な作業なのだ。その作業を手伝ってくれる虫がいるのだ。それは象の糞などを転がすあのフンコロガシなのだ。それもボーリングの球だけを転がす虫だというのだ。これはどこからやってきた虫なのかわかっていないが、毎回指定の場所に球を運んでくれるらしい。小さいのにとても役に立つ虫なのだ。

Othello Eyes

Othello Eyes

なぜこんな性格になってしまったのだ。どうしてもはっきりとさせたい性格なので、いつでもイエスかノーで答えてしまうのだ。それが原因で嫌なムードになってしまうことも多々あるのだ。そんな性格なので社会では度々衝突している。そしてついにこの性格が体にも表れてしまった。それは目玉が白黒のオセロの駒になってしまったのだ。瞳孔がどこにあるのかわからない。とても無機質な目になってしまった。それでもよく見えるので視力の点では生活に支障はない。だが、見た目にはとてもおかしいので変な目で見られるのがとても嫌だ。どうにかならないものか。これは性格を改善しなければいけないのかもしれない。

Lawn Mustache

Lawn Mustache

大人になったら髭を伸ばすと決めていた。いろいろなヒゲのスタイルを試して男のおしゃれをしたかったのだ。だが、あまり毛が濃い方ではないので、ひげを伸ばすのも一苦労だ。約1年間かけてやっとヒゲらしいい長さになったのだ。そこからは自由にいろいろなヒゲを試してみた。ある日ふと気がついたら何やらヒゲの色が変わってきていた。最初はそこまで気にもしていなかったがある日はっきりと緑色になっているのがわかった。そこから全体に広がり今では全てのヒゲが緑色になっている。そして芝生の匂いもするのだ。なんとヒゲが草になったのだ。どうやって普通のヒゲに戻るのだろうか。それが問題だ。

Pigeon Teeth

Pigeon Teeth

大人になって初めて歯がとても大事だということがわかった。子供の頃は甘いものばかりを食べてよく虫歯になっていた。若いのにほとんどの歯が虫歯になっていたのだ。治療をしていない歯がないほどだった。それだけならまだしも、こんなことが起こるとは思わなかった。なんと全ての歯が鳩になったのだ。なんで鳩?自分でもなんで鳩なのか想像もできない。そしてこの歯の鳩は生きているのだ。ピーピー泣くし、餌を求めて頻繁に首を振るのだ。口の中が常に動いているのでとても気持ちわるし、話すたびにピーピーと音が聞こえるので会話にならないのだ。どうやったらこの鳩はいなくなるのだろうか。歯は大事にしなければいけないことを痛感している。

Peanut Lips

Peanut Lips

小さい頃から大好きだったピーナッツ。毎日大量のピーナッツを食べていた。ピーナッツバターなどのピーナッツ関連の商品も大好きだった。とにかくピーナッツがあれば他には何もいらないと思うくらいピーナッツが大好きなのだ。だが、大人になるにつれてある問題が起きた。なんとピーナッツアレルギーだったのだ。それがわかった途端に、唇がピーナッツの殻のような模様になってしまった。そして口が開かなくなってしまったのだ!なんてことだ。これではピーナッツを食べられないではないか。そもそも食べ物を摂取できない体になった。どうしたらいいのか、だがどうしてもピーナッツをやめられない。

Soy Sauce Fish Man

Soy Sauce Fish Man

昔からお弁当に入っているお魚の形をした醤油入れをご存知だろうか。一時はほとんどのお弁当に入っていたのだが、今ではもっと簡易的な醤油が付いているので、ほとんど見なくなった。だがあの愛くるしい形がなんとも懐かしいのだ。このお魚の醤油入れを集めているマニアがいる。そしてこの醤油入れが好きすぎて自分自身をこの醤油入れのキャラにしてしまった男性がいるのだ。生活するにはとても不便なはずなのに、それでもやってしまうのは本物のマニアである。自分な好きなことをして堂々といきている姿はある意味羨ましいものだ。

Chestnut Cat

Chestnut Cat

近所にはたくさんの野良猫が生息している。彼らにも社会やグループがあるようで共に行動している猫もいる。その猫の社会で王座に君臨している猫がいる。見た目にいかにもやばそうな猫だ。それは全身刺々しい毛で覆われている猫だ。近所ではこの猫のことを栗猫と呼んでいる。まるで栗のイガイガのようだからだ。その刺々しい毛がやはり武器らしく、他の猫が喧嘩をふっかけてきたとしても、武器のトゲトゲで追い払うのだ。それでも立ち向かってくる猫がいたとしたら、最終的にトゲトゲの毛を飛ばして突き刺すのである。こんな技を使える猫はこの猫だけだろう。

Big Red Nasal Discharge

Big Red Nasal Discharge

あのクラスで人気者のみよちゃんがまさかこんなことになるとは誰も思いもしなかった。ある日を境にみよちゃんは一変してしまったのだ。その変化とは鼻が膨張し始めたのだ。それも片方の鼻穴だけだ。なんでそんなことになっているのかというと、右鼻の奥にとても巨大な鼻くそがあるからだ。そしてその鼻くそがどんどん膨らんでいき、さらには真っ赤になるという大惨事だ。あまりにも大きくなりすぎて鼻穴からほじくりだせない状態だ。さらにキャパを超えてしまって鼻穴からはみ出しているのだ。あんなに可愛かったみよちゃんがかわいそうだ。

Straw Mouth

Straw Mouth

小さな頃からチューチュー吸うのが大好きだった。何でもかんでも吸うものだから、親が躾として吸わせない時期があり、すごく自分の気持ちを抑えていたことを覚えている。大人になってもう自分の意思で決めることなので、今まで抑え込んでいた吸う行動を解放した。一気に吸いたい気持ちが爆発して、何でもかんでも吸ってしまうのだ。問題は吸う時にでるチューチューとい音である。これをどうにかしようとあみだしたのが、口をストローにするという方法だ。この手術を受けて口がストローになったのだ。これで思う存分なんでも吸い込めるという欲望が満たされる。

Seaweed Skin

Seaweed Skin

海が大好きで毎年海水浴に行っている。そのおかげで肌は真っ黒に焼けているので健康的な体が自慢だった。その健康が今年の海水浴を境におかしくなったのだ。いつも通りに砂浜で遊んでいると、何か足がチクリとした。どうも何かに刺されたようなのだ。だがその時は周りには特に変わった生物はいなかった。ただ何やら海藻だけがたくさんあったのだけ覚えている。どうもその海藻が影響したようだ。その日からだんだんと体が真っ黒くなってきた。そしてついに肌が海苔になったのだ。なんでそんなことになるのか?脇下から真っ黒な海苔になり、変にコントラストが付いている。これでは今年は海に行けないかもしれない。