Gold Bar Nose

Gold Bar Nose

ついに手に入れた。夢にまでみていた金の延べ棒だ。全財産を叩き込んで金を手に入れたのだ。その価格はおよそ2千万円になる。なぜにそんなに金にこだわったのか。それはやはり富の象徴だからだ。自分は金持ちになったことを言いふらしたかったのだ。地味に生活してきて、コツコツと貯めたお金なのだ。その金の延べ棒をいつも肌身離さず持ち歩きたいので、自分の鼻に金の延べ棒を埋め込んだ。そうすることで、金持ちを見せびらかせるし、目の前に金があることで落ち着くからだ。悪趣味と言われようが、自分の一部なので誇りを持っている。