Jellyfish Furin

Jellyfish Furin

日本の夏の風物詩の一つである風鈴。最近ではあまり見かけなくなった。音がうるさいという近隣とのトラブルになりかねないからだ。あの音を聞くと自然と涼しげな感覚になるのにもったいない。そのくらいの心の余裕が必要なはずなのにだ。そしてこの風鈴にも変化が起きている。それはクラゲを使った新商品が出ているというのだ。クラゲは体のほとんどが水分出てきている。その特性を活かして、クラゲをフリーズドライ加工する。そうすると驚きの音色と響きを奏でるのだ。本物の風鈴には出せない音域だ。その音がこの現代社会にマッチにしており、マンションでも風鈴を下げる家庭が増えているという。まさにクラゲは風鈴界の救世主である。