Crayon Fingers

Crayon Fingers

小さい頃から絵を描くのが大好きだ。だが絵を描く仕事にはつかなかった。自分にはそんな才能はないと思っていたからだ。だが心の何処かにやはり絵を描きたいという気持ちが残っていたのだろう。大人になって休日に密かに絵を描いていたのだ。そしてその心が身体に反映したのか、指先がクレヨンになったのだ。なんでそれもクレヨンなのか?今までは油絵だったのに、クレヨンはほとんど使ったこのがない。これはクレヨンを使った作品を描けという暗示なのか。そしてこのクレヨンは永遠になくならない。無限に色を塗れるのだ。これからクレヨンを使った作品を生み出していこうと思う。未来の有名な画家になれるだろうか・・・