Cave Snake

Cave Snake

森の中にはたくさんの危険が潜んでいる。目に見えるものは危険を察知できるのだが、あまりにも目立たないとどうしても存在に気づかない。そんな危険がたくさんの森で、新たな蛇が発見された。なぜ今頃新種が発見されたのかというと、カモフラージュしていた蛇なので存在に気がつかなかったのだ。その蛇の特徴は頭部が洞窟になっているのだ。よって普通の穴だと思っていたのだが、本当は蛇だったのだ。じっと動物が口の中に入ってくるのを待って獲物を捕獲するのだ。同体も地中に埋まっているので、本当に穴なのか蛇なのかわからないのだ。唯一わかる方法は食事をしている時で、この時だけ口を動かすので、存在に気づくのである。本当にいろいろな動物がいるものだ。