Tanuki Make Up

Tanuki Make Up

数十年前にパンダメイクというのがギャルの間で流行った。文字の如く、パンダのように目の周りを黒くメイクしたスタイルだ。何がかわいいのかわからないが、女子の間ではかわいいと人気になったのだ。その後数十年が経過して、また新たなメイク方法が話題になっている。今度はたぬき メイクというスタイルだ。パンダメイクの発展系とでも言おうか、たぬきメイクは両目の周りを茶色に塗って、さらに鼻の先端も茶色に塗るというスタイルだ。本物のたぬきのように見えることがかわいいというのだ。垂れ目に見えるのがいいらしいのだ。本当にたぬきメイクの女子が最近増えてきて世の男性はどう思っているのだろうか。

Cave Snake

Cave Snake

森の中にはたくさんの危険が潜んでいる。目に見えるものは危険を察知できるのだが、あまりにも目立たないとどうしても存在に気づかない。そんな危険がたくさんの森で、新たな蛇が発見された。なぜ今頃新種が発見されたのかというと、カモフラージュしていた蛇なので存在に気がつかなかったのだ。その蛇の特徴は頭部が洞窟になっているのだ。よって普通の穴だと思っていたのだが、本当は蛇だったのだ。じっと動物が口の中に入ってくるのを待って獲物を捕獲するのだ。同体も地中に埋まっているので、本当に穴なのか蛇なのかわからないのだ。唯一わかる方法は食事をしている時で、この時だけ口を動かすので、存在に気づくのである。本当にいろいろな動物がいるものだ。

Kokeshi Nose

Kokeshi Nose

昔はどこの家でもあったと言っていい「こけし」。家族の誰かが東北地方を旅行したときに買ってきたお土産だ。時が経つにつれて、こけしは家にある存在ではなくなってきた。ほとんどの家でこけしを見ることはなくなったのだ。私の家でもこけしを処分しようとしていた。その時に事件が起こったのだ。ちょっとした突起につまずいてしまって顔面から転んだ。そこにたまたま処分しようとしていたこけしが転がっていたのだ。顔面に思いっきりこけしをぶつけてしまった結果、鼻の部分にこけしが埋め込まれてしまったのだ。どうやっても取れなくなってしまい、今では私の鼻はこけしになったのだ。これはこけしの呪いなのかも知れない。

Washing Machine Apartment

Washing Machine Apartment

リサイクル・リユース・リデュースの3Rが必須とされているが、これらをあらゆる分野でどのように取り組んでいくのかが課題になっている。その中の一つがどの家庭にもある家電だ。家電は分解すれば一つ一つが3Rの対象にできるのだが、家電そのままをどのように貸して再利用価値を高められないのかが問題になっている。それも壊れた家電である。そこに目をつけたのが、大手建築会社。特に洗濯機を利用した建築物に取り組んでいた。その結果ドラム式の洗濯機をそのままマンションにしてしまったのだ。ドラム式を室内にして生活するというのだ。もちろん内装は生活しやすいように改造されているが、外観はそのままドラム式洗濯機を使っている。丸い窓が特徴的なマンションになっていてかわいいのだ。

どこでもかんがえるあそびシリーズじゃんけんりょうりゲーム1月号

こどもちゃれんじほっぷ「どこでもかんがえるあそびシリーズじゃんけんりょうりゲーム」1月号の表紙イラストを作成しました。じゃんけんのグー・チョキ・パーをキャラクター化しました。

Octopus Pot Head

Octopus Pot Head

オレの職業はタコ漁師だ。蛸壷を使って獲る方法を使っている。先日タコ漁をしているときに事件が起きた。今までこんなことは起きなかったのだが、どういうわけか偶然起きたのだ。それは蛸壷を上げているときに中のタコが大暴れ。今までに見たことのない大きさのタコが挙がったのだ。そしてそのまま暴れ出して、蛸壷が空中に跳ね上がった。隣で作業をしていた自分の頭にそのまま蛸壷がすっぽりと入ってしまったのだ。そして蛸壷が抜けなくなったのだ。仕方がないので、陸地に着くまでそのままにして、病院に速攻でいった。外してもらおうとしたのだが、外せないという。なぜかというと、中で頭部に損傷があり、出血多量でなくなる危険性があるというのだ。よってこのまま生きていかなければいけないらしい。中にいるタコとどこまで生きていけるのだろうか、とても心配だ。

Marshmallow Ears

Marshmallow Ears

最近耳が聞こえにくくなってきた。その原因は耳にできたあるおできだ。最初は小さいものだったが、耳の穴が塞がるので聞こえが悪いのだ。そのおできをどうするのか。取れるものなのか。数日間迷っていると、あれよあれよとこのおできが大きくなってしまって、完全に耳穴を塞いでしまったのだ。なんということだ!そして大きくなったおできは柔らかくなってあるものに変化した。それはマシュマロだ。あのお菓子のマシュマロなのだ。どうしてマシュマロなのか、全く想像できていない。このマシュマロ柔らかいがどうしても取れそうもない。今後どうしていいのかわからずに困っている。

Ngorongoro Hair

Ngorongoro Hair

アフリカのタンザニアにンゴロンゴロという有名な自然保護区がある。盆地になっていて、そこにたくさんの動物が住んでいるのだ。まさにアフリカの大地を象徴する場所と言っていいだろう。このンゴロンゴロに心を奪われた一人の男性がいる。旅行で訪れたときに圧巻の自然に感動したのだ。そして彼がその後にしたことがびっくりする。それは少しでもンゴロンゴロに近付きたくて、自分の髪型をンゴロンゴロのようにしたのだ。中心部分を刈り込み、周りを盆地のような形にしたのだ。まさに芸術品のようの髪型だ。どこかの美容室でやってもらっていると思ったら、自ら髪の毛を切ってセットしているというのだ。造形の才能もある人なのかもしれない。

Salesman Waniguchi

Salesman Waniguchi

オレの勤めている会社には伝説の営業マンがいる。彼が営業すると100%契約を取ってくることから伝説化しているのだ。彼の名はワニグチさんという。変わった苗字も覚えられてもらえる理由かもしれない。だが、彼を一度見たらそのインパクトさに忘れないだろう。そう名前の通り彼はワニ人間なのだ。どのような経緯でワニ人間になったのかわからないが、ワニが二足歩行をして言葉を話しているのだ。よって彼を知らない人は大抵怖くなって逃げてしまうそうだ。だが接してみるととても優しい人で、誰もが好きになるタイプなのだ。見た目と中身のギャップにみんな驚き契約をするのかもしれない。伝説のワニグチさんは最高にできる人なのだ。

Steamer Head

Steamer Head

人は怒ると顔が真っ赤になって体温が上昇する。血液が沸騰するように熱くなるからだ。これはあくまで表現方法で本当のことではない。顔は真っ赤になるが、実際はそんなに体温は上昇していないのだ。だが、ごくまれにとんでもなく体温が上がる人がいる。ボクの友人がその例だ。その友人はほぼ常に怒っているというっていい。そのために常に顔が赤くて湯気みたいなものが出ている。それを利用して頭にセイロを乗せたところちゃんと火が通っておいしい蒸し料理ができたのだ。これをキッカッケに友人は常にセイロを頭に乗っけて何か食材を蒸しているのだ。優しい蒸し料理を常に食べられることに満足しているようだ。