Hamburg Hair

Hamburg Hair

一番好きな食べ物はハンバーグだ。小さな頃からそれは変わっていない。子供から大人まで人気のメニューだろう。そのハンバーグばかりを食べ続け、食事時になるとハンバーグのことを思い描いてしまう。毎食ハンバーグは食べないが、どうしても想像してしまうのだ。そんなことをしていたら、ハンバーグを思い描くと髪の毛がそわそわと動き出して、頭上に髪の毛でできたハンバーグができるようになった。どうやって髪の毛が勝手に動いているのかわからないが、ハンバーグだけができるので、自分の思考で動いているのだろう。ハンバーグをそのくらい愛しているのである。

Diodontidae Body

Diodontidae Body

自分の身体を呪いたい。どうしてこんなことになってしまったのか想像もつかない。何が起きたのかというと、食事をたくさん食べると身体に変化が起こるのだ。それは魚のハリセンボンのように膨らんでトゲトゲになるのだ。なんのためにそんな変化をするのかわからない。トゲトゲに膨らんだからといって身体にいいとは思えないからだ。身体が勝手に反応しているようだ。たくさん食べると身体に悪いからやめろという合図だと思うが、実際のところは、身体がトゲトゲになって困っている。この状態が3時間くらい続くからだ。この間はどうしようもなく突っ立っていなければいけない。本当にお腹いっぱいに食べるのをやめようと思う。

Pasta Buddha

Pasta Buddha

イタリアの片田舎になる教会でとんでもないものが地下から発見された。それは仏像である。いつの仏像かははっきりとしないが、異教徒のものが教会にちゃんと保管されていたことに驚きがあった。そして調べていくと、更に驚くことが発見されたのだ。それはこの仏像はパスタでできていたのだ。と言うことはこれはアジアから運ばれてきたものではなく、イタリアで制作された仏像ということになる。誰がなんのためにこのパスタ仏像を作ったのか。謎が謎を呼んでいる。

Daruma Head

Daruma Head

この前交通事故にあった。横断歩道で信号待ちをしていたら、車にはねられて、頭部を打撃したのだ。そのときに大きく頭が腫れて、巨大なコブになった。相当な血が流れて危険な状態だった。その後に入院して落ち着きはしたが、この頭部の損傷は驚くべき形になったのだ。それは大きなダルマが頭に乗っているようになったのだ。事故の時に流した血がそのまま色素となって色がついたのも相まって、まさにダルマに見える頭になったのだ。どう見てもおかしい見た目だ。人々はめでたいと言うが、このままで生きていかなければいけないボクの身にもなってもらいたいものだ。

Fortune Telling Earth

Fortune Telling Earth

世間で話題になっている占い師がいる。東京の新宿にある占いの館にいる占い師だ。100%当たると評判があり、連日長蛇の列ができている。予約制だが、10年先まで予約でいっぱいのようだ。どうやったらそんなに当てることができるのだろうか。今回この占い師に密着したドキュメンタリー番組が放送された。それを見たときに唖然とした。なんと地球が占いをしているのだ。それもお面なのではない。本物の地球なのだ。宇宙の縮図を知っているようで、この占い師から発せられる言葉には説得力があるのだ。まさに全知全能の神のようだ。

Mr. Tea

Mr. Tea

イギリスの国民的飲み物といえば紅茶だろう。昨今ではコーヒーブームで下火になってきているが、それでも紅茶が一番人気といって良い。そのくらい国民に愛されている飲み物だ。この紅茶を製造している会社の会長がとんでもないことになっている。なんと自分自身を紅茶のティーパックにしてしまったのだ。これによって自社の宣伝になるし、いつ何時でも紅茶を飲むことができるといって自ら広告塔になっているのだ。頭の部分がティーパックになっており、紅茶を飲むときには自分の頭をお湯につけるのだ。熱そうだが、とても気持ちがよくリラックスするらしい。頭もリラックスして、尚且つ紅茶を飲んで気分もリフレッシュする紅茶は最強なのかもしれない。

Swab Dog

Swab Dog

どこまで品種改良すれば気が済むのだろうか。人間のライフスタイルは時代によって変わってくるので、自ずとペットの流行も変わってくる。最近は新たな種類の掛け合わせた犬種が流行っている。その中でもより軽量化を図った犬が話題になっている。どんな犬なのかというと、人間が使っている綿棒の形をした犬だ。大きさもほぼ綿棒と同じ、体重もほぼ綿棒と同じという犬だ。よってすぐにでも壊れそうな犬に感じる。だがこのサイズ感と軽量なところが、狭い家で暮らす人たちにも飼えると言うことで人気があるのだ。ペットの世界は日々変わっているようだ。

Cushion Ears

Cushion Ears

長い冬が終わりを迎え、ぽかぽか陽気の春が近づいてきた。暖かくなってくると、どうしても眠気が抑えられなくなってくる。昼食の後などはお昼寝がしたくて、眠気と格闘している。そんな眠気に身を任せていたら、とっても便利な体型になった。どこでも昼寝をできるように、昼食後に体が変化するようになったのだ。それは耳が肥大してクッションのように柔らかくなるのだ。このおかげでテーブルの上でも床でもどこでも柔らかい枕に包まれて眠ることができるようになったのだ。このクッション耳のおかげで、昼寝で快眠になり、午後の仕事がはかどるようになった。まさに効率が良くなったのである。昼寝は大切だということだ。

QR Code Man

QR Code Man

キャッシュレスの時代が進むにつれ、やっと時代はオレに近づいてきた感を感じる。実はオレは10年以上前からキャッシュレスの実施に動いていた。自らシステムを作り、いろいろなところでキャッシュレスを実践していたのだ。その方法はマイクロチップを埋め込むのではなく、自分自身をQRコードにして口座から振り落とされる仕組みを作ったのだ。頭部全体をQRにして読み取ってもらう方式だ。利点はバーコードリーダーがあるならどこでも読み取れる仕組みにしたことだ。だから10年以上も前からでもキャッシュレスで実践できたのだ。この方式は主流になっていないが、自分が最初のキャッシュレス支持者なことを自負している。

Hot Spring Head

Hot Spring Head

もうどうしようもない。あいつが怒ったら止める方法はないのだ。友人に温泉というあだ名の奴がいる。彼は滅多に怒らない温厚な奴だが、たまーに線が切れたように怒って収集がつかなくことがある。その時に起こる惨事がとんでもないのだ。何が起こるのかというと、頭から管みたいなのが出てきて、大量のお湯を噴射するのだ。どこからこんな大量のお湯が出てくるの?と不思議に思うし、源泉かと思うくらい熱いお湯なので、どうやってお湯を作っているのか不思議でならない。本人はマックスに怒っているので、何が起きているのかわからないらしい、とても厄介な奴だ。