Kokeman

Kokeman

地方の田舎町にとんでもないものができた。それはタワーマンションだ。こんな田舎の街になんでタワーマンションが必要なのか。土地はたくさん余っているはずだし、人口も多くない。なのにどうしてタワーマンションができるのだ。誰がこのマンションに住むというのだ。だが完成する前にこのタワーマンションは売り切れていた。それはなぜか。理由は唯一無二のタワーマンションだからだ。そのタワーマンションはこけしの形をしているのである。そう、こけしマニアがこのタワーマンションを建てて、買っているのだ。室内もこけしファーストになっている作りらしい。世の中にはこんな辺鄙な田舎なのに、こけしが好きなために購入する人がたくさんいるようだ。まさに田舎のシンボルになりつつある。

Swan Mouth

Swan Mouth

口が思うように動かない。どうしたらいいのだろうか。ある日突然口が思うように開かなくなった。何が原因なのかわからないが、口が閉ざされた感覚だ。そしてついに口が伸びてきてあるものになったのだ。それは首から上の白鳥になったのだ。なんで口が白鳥になるのだ?わからないことだらけだ。そしてこの口は白鳥の意思を持っているからか、勝手に動き出すのである。そして白鳥の餌だと思うと食べてしまうので、勝手に自分の口に入ってくるからとても困っている。生の魚や虫を食べるので、これから体がおかしくなりそうだ。現に何度もお腹を下している。どうやったら自分でこの口をコントロールできるのだろうか。それには手懐けるしかなさそうだ。

Toothbrush Insect

Toothbrush Insect

あれ?オレの歯ブラシってどこにいった?最近やたらと歯ブラシがなくなる。昨日の夜にはあったはずなのに、なぜか朝になるとなくなっている。この1ヶ月の間にもうすでに3本も歯ブラシがなくなった。ネズミか何かの仕業だろうか。どうしてなくなるのだろうか。その理由がやっとわかった。なんとオレが歯ブラシだと思っていたのは歯ブラシの形をした虫だったのだ。いつの間に歯ブラシが虫に変わっていたのだろうか。この虫は歯ブラシに寄生して虫に変身するらしく、どんな歯ブラシでもいいらしいのだ。とても変わった虫だ。この先歯ブラシは何本なくなるのだろうか。

Beans Body

Beans Body

えっ!どうなっているの?目の前にいる人の体がどうなっているのかはっきりとわからない。何か緑のものがたくさんあってどうなっているのかわからないのだ。勇気を振り絞ってその人に聞いてみると、なんと体が豆でできていると言うのだ。どう言うことだ。その言葉を聞いても想像ができなかった。ジロジロとみてみたら確かに豆がたくさんついていて体になっているようだった。どうしてそんな体になっているのだろうか。本人に聞いても生まれた時から豆だったのでわからないと言うのだ。とても特殊な体の持ち主である。

Balcony Forehead

Balcony Forehead

どうしてだろうか。どんどんおでこに突起物ができてきた。とても硬いので頭蓋骨が変形しているようだ。少しずつであるが、日に日に伸びてきて今ではおでこから5cmくらい伸びてきている。そしてついにこの突起物が何かがわかった。それはバルコニーだったのだ。よくマンションとかについているバルコニーである。どうしてバルコニーが人間のおでこからできるのか。その点は全くの謎だ。バルコニーができて何か利点があるのだろうか。今のところ利点どころか欠点しか思い当たらない。バルコニーができてから変化は無くなったので、これが最終系なのだろう。バルコニーができた理由が知りたい。

Screw Mushroom

Screw Mushroom

きのこの王様といったらトリュフか松茸を思い浮かべるだろう。案外知られていないことだが、実はきのこの王様よりも美味しいと言われているキノコが存在する。それはネジキのこというきのこだ。初めて名前を聞くっていう人もいるだろう。なんだそれ?って思うのも当たり前だ。あまりにも珍しいきのこなので存在すら知られていないからだ。名前の如く見た目はネジと変わらない。だがちゃんとしたきのこだ。とにかく味が相当おいしいらしい。そのために見つかった時の価格は金の値を超えると言われている。一度でいいから食べてみたいものだ。

Furikake Nose

Furikake Nose

自分は特殊な力を持っている。それは誰にでもできないことだからだ。どんなことができるのかというと、鼻からふりかけを出すことができるのだ。それも自分の思った通りの味のふりかけを出すことができる。ごま塩や鮭ふりかけ、おかかなどなんでも鼻からふりかけを出せるのだ。今までに世の中に出ていない味でも出せる。とにかく頭に浮かべた味のふりかけを出せるのだ。そのために大手食品メーカーから頻繁に依頼がある。こんな味のふりかけは美味しいのか実際に研究に入る前に試しておきたいからだ。いろんな味が出せるので、唯一無二の存在として仕事をしているのだ。最近ではトリュフふりかけがおいしかったと思う。本当に特殊能力だなと思っている。

Omelette Rice Mouth

Omelette Rice Mouth

オムライスが大好きで毎食のように食べている。年間1000食は食べている勢いだ。そんな生活をしていると体に異変が起きることがしばしば出てきた。それは口がオムライスのようになる現象だ。自分では大好きなオムライスになれた気分なので嬉しいのだが、一つだけ困ることがある。それは口がオムライスになると口が開けなくなり、オムライスを食べることができなくなることだ。年に数回この現象が起きるので、その時は残念ながらオムライスを食べられない。何も食べられないので、治るのを待つしかないのだ。大抵は半日もすれば治っているので、またオムライスを食べるのである。

Transparent Brain

Transparent Brain

なんてことだ。どうやったらこんな人間になれるのか。それはある男に起きた出来事だ。その男は長い間漁師をしていた。ある日突然漁から戻らなくなり行方不明になっていた。その1年後突然港に戻ってきたのだ。彼の記憶はなくて、そして変になっていた。どう変なのかというと、脳みその部分が透明になっており、頭の中が丸見えになっていたのだ。どういう状態なのだ?彼の身に何が起きたというのだ。まさに不思議な出来事で、本人も覚えていないから真相は明らかにならないのだ。それでも彼の健康状態は至って健全で、普通に生きている。まさにミステリーである。

Monjyaman

Monjyaman

東京の名物の一つにもんじゃ焼きがある。あのドロドロっとした食感が大好きな人が多い。特に江戸っ子はもんじゃ焼きが大好きだ。だが全国的にみるともんじゃ焼きはそんなに食べられていない。東京の一部でしか食べていないのだ。そんなもんじゃ焼きを持って日常的に食べてもらうようにアピールを始めた。そのひとつがもんじゃマンの存在だ。彼はもんじゃ焼きを広めるためにできたキャラクターで、全国を旅してもんじゃ焼きを宣伝しているのだ。主な活動はもんじゃの歌を歌って活動しているアイドル的な存在を目指しているというのだ。すでに地方からもんじゃの歌が流行り出している。このままいくともんじゃの歌はミリオンセラーになる勢いだ。もしかしたらこの歌がきっかけで、もんじゃ焼きは食べられる存在になるのかもしれない。