Blue Smoke

Blue Smoke

もくもくと煙が体から吹き出ている。別にタバコを吸っている訳でもないのに、どこからか煙が出てくる体になってしまったのだ。そしてこの煙のもう一つの特徴が青い煙なのだ。なんで青い煙なのだろうか。煙は上昇するものなので、顔の穴からほとんど煙が出てくる。耳、鼻、口から常にもくもくと煙が吹き出ているのだ。最悪の時はこの3つの穴では収まり切らないようで、全ての毛穴からも煙が出てくることもあるほどだ。なんでこんな体になってしまったのだろうか。いろいろな病院に行ったのだが、どこでも原因はわからなかった。いつまでこの状態が続くのだろう。

Harisen Hair

Harisen Hair

最近ではすっかり見かけなくなったが、昔は良くテレビでハリセンで叩かれている芸人さんがたくさんいた。一つの番組アイテムのような存在だった。だがその風潮もだんだんと廃れてきて見かけなくなったのだ。そこに目をつけた芸人があることをしたのだ。それは自らの髪の毛をハリセンのようにして突っ込むという漫才だ。よってハリセンで叩くときは頭を豪快に振り回すので、そのアクションが面白いと人気が出ている。そしてハリセンを知らない世代が特にハマっていて人気が急上昇しているのだ。ここから第二のハリセンブームが起こるかもしれない。

Lower Body Split

Lower Body Split

あれ?あれれ。なぜか下半身に力が入らない。よって立ち上がることができない。どうしてだろうか。上半身は普通に動くのに対し、下半身が思うように動かせないのだ。よくみると下半身が薄っぺらくなっている。力が入らない原因の一つだ。そしてさらに発見したことは、下半身が裂けているということだ。避けているので、下半身が薄くなってしまっていて、力が入らないのだ。なぜこんな現象が起きているのだろうか。とても謎だ。どうにかしてこの裂けている下半身を一つに戻せないだろうか。今はそれを探しているところだ。こんな状態では何もできないのでとても困っている。

Somen Grandfather

Somen Grandfather

毎年夏休みになると田舎で暮らしている祖父に会いに行く。とても田舎で暮らしているので、車でしかいけないし、何時間もかかるので、本当にここは日本なのかと思いたくなる場所だ。そしてその会いに行く祖父がとても変わっている。なんていうか世離れしているのだ。祖父の特徴といえばヒゲでとても長い。毎年長くなっている。髭を剃らないのか聞いてみても切る気がないというのだ。理由はというと、自分のヒゲは素麺だというのだ。何を言っているのだろうと思った。どうもヒゲ一本が素麺一食分になるというのだ。実際に見せてもらった。ヒゲを一本抜いて2分湯がく。そして普通に素麺のように増えて見た目はヒゲに見えないのだ。そして食べてみるととても美味しい。なんとなく祖父の言っていることがわかった気がする。

Mosquito Mouth

Mosquito Mouth

夏の嫌なものといえば暑さと蚊ではないだろうか。蚊に刺されるとよても痒いのでイライラとするのだ。そんな蚊であるが、血を吸って生きているので、仕方がないとも思う。そんな嫌われている蚊になぜか自分がなってしまうとは思いもしなかった。具体的に蚊になった部分は口の部分だけだ。蚊は血を吸う口をしているが、自分もそのような口になってしまって、何かの液体しか摂取できなくなったのだ。そのために主に果物しか食べられなくなったのだ。果物に口を刺してチューチュー吸うのだ。フレッシュジュースを飲んでいる感覚でとても美味しいが、固形物も食べたい気持ちになる。この口っていつか治るのだろうか心配だ。

Ant Hair

Ant Hair

私の勤めている会社の部長は変わっている。影で蟻使いと呼ばれているのだ。最初はなんでそんなあだ名なのかわからなかったが、ある日ついにその意味がわかったのだ。なんと部長の髪の毛が蟻だったのだ。最初は本当に気がつかなかった。そのくらい髪の毛との区別がつかないのだ。もともと部長は髪の毛が薄く、ほとんんどないと言っていいらしい。だが蟻をどのように手懐けているのかわからないが、部長の頭にい続けているのだ。それもかなりの数が密集しているので髪の毛だと思ってしまうのだ。以前の部長は暗かったらしいが、蟻の髪の毛になってからかなり明るい性格になったようだ。この事実を知ってからかなり部長が気になる。

Mount Fuji Mouth

Mount Fuji Mouth

なんて姿になってしまったのか。朝起きたら唇がとんでもないことになっていた。これは何かのストレスなのか。唇が尋常じゃないくらい大きく腫れていたのだ。それも主に上唇だけなのだ。そしてそれよりも驚くことも起きている。この唇がなんと見た目が富士山になっているのだ。富士山はとてもおめでたいものであるが、自分の唇が富士山になるのはなんか変な気持ちだ。どうしてこんなことになってしまったのか。会社に出勤しなければいけないので、とりあえずマスクをつけて出社したが、マスクをしても上唇ははみ出るのですぐに気がつかれた。そしてみんな大爆笑である。あれからかれこれ3ヶ月経つが一向に唇が元に戻らない。このまま富士山唇のままなのだろうか・・・

Aroma Diffuser Nose

Aroma Diffuser Nose

女子というものはとにかく匂いがあるものが大好きだ。代表格が香水で、女性らしさを感じさせる匂いにはときめきを感じている。そんな日々を送っている女子たちは新たなことも常に追い求める。いつでもいい匂いを嗅いでいたいという思いから、あるものを利用したのだ。それはアロマディフューザーである。アロマディフューザーを直接鼻の穴にさして過ごすという方法だ。なんとも見た目は悪いと思うのだが、女子に言わせるといい匂いだし、かわいいというのだ。男性からはよくわからないという声の方が大多数だが、女子はそれよりも匂いを嗅いでいたのである。毎日匂いを変えて鼻につけているので、いつでも幸せ気分なのだそう。女子って不思議な存在だ。

Real Fried Fish

Real Fried Fish

皆さんは魚のフライは好きだろうか。魚フライといえば白身魚が有名だが、一番人気はアジフライだ。美味しいアジフライは他のフライに負けない美味しさがある。そのアジフライで肝心なのがアジの鮮度だ。新鮮なアジほどフライにすると美味しいのだ。だが採りたてをフライにするのは難しい。悩ましい点なのだが、最近漁師の間で話題になっている魚がいる。それは生きている状態ですでにフライになっているアジだ。信じられないだろうが、そのようなアジが存在するのである。このアジこそ究極の美味しいアジフライだと漁師の間でささやかれているのだ。市場に出回らないアジなのでとても貴重だ。一度食べて見たいものだ。

Banana Zombie

Banana Zombie

何も人間だけがゾンビになるわけではない。動物や食べ物、そして無機物もゾンビになる可能性だってあるのだ。最近発見されたゾンビはなんとバナナだ。普段果物として身近な存在のバナナである。バナナはとても腐りやすい果物で、ゾンビになる可能性がもともと高かった。ある偶然が重なることで、バナナだってゾンビになり得るのだ。そして先日世界初となるバナナのゾンビが発見されたのだ。それは偶然にもスーパーの中で発見された。1本のバナナが隙間に落ちて知らない間に腐ったのだ。その時にネズミと合体してゾンビに変身したのである。バナナの皮が足に変形して自ら歩くのだ。それもどこを目指して歩いているのかわからない。なんだってゾンビになるのである。