Mobile Face

Mobile Face

風にゆらゆら揺れている。どこに焦点が合っているのか毎回わからない。だが昔からこんな感じなので気にならない。最初はめまいが常にしているのかと思っていた。別に体調が悪いわけではないのに、どうしても視点が定まらないのだ。だが、振動や風がないときははっきりと焦点があう。そう、自分の顔のパーツは分離されていて、常に動いていることがわかったのだ。自分の顔はモビールのような作りになっているのだ。どうやったらこのような顔になるのだろう。親曰くこのような状態で生まれてきたらしく、どうしようもなかったという。医者もお手上げ状態だったのだ。たまにパーツが絡むと面倒なことになるが、最初からこの状態がデフォルトなので他の感覚を知らないのだ。

African Mask Baby

African Mask Baby

とある骨董屋さんに行った時だ。もともとビンテージやアンティークものが好きなので、骨董屋さんを見つけるとついつい入ってしまうのだ。そしてこの時も出会いがあった。それはアフリカの民族マスクである。とても普通のマスクなのだが、なぜか気に入ってしまった。これこそシンパシーを感じたのかもしれない。そしてこのマスクがとんでもない威力を持っていたのだ。家のリビングに飾っていた。購入してから10ヶ月後にこのマスクから鳴き声が聞こえてきた。そしてマスクから体が出てきたのだ。それは赤ちゃんだった。マスクから赤ちゃんが産まれたのだ。どういうことだかわからないが、この赤ちゃんを育てることになったのである。

1402 Room Door Man

1402 Room Door Man

世の中にはたくさんのマニアが存在する。なんでそんなものを大好きなのかわからないことの方が多い。だが、当の本人にすればそれでなければいけないのだ。そんないろいろなマニアが混在する中、一人だけ方向性が違うマニアに出会った。それは1402マニアだ。特に1402号室のドアにときめきを感じるマニアだ。なんでそんなものを好きになって情熱を注いでいるのかわからない。何が1402に込められているのか。それは彼にもわからないらしい。そして彼は1402号室のドアを使用して自分を覆い隠す着ぐるみを作ってしまったのだ。それを着て生活することで彼の心を満たしているのである。

Koban Ears

Koban Ears

近所に全国的に有名な小学生がいる。有名になった理由がなんと彼の耳が小判のようになっているからだ。とてもお金を持ってそうにも見えるし、運気を上げてくれるようにも見える。そのために一目でも彼を見に来ようと全国から彼の姿を求めてやってくるのだ。だが所詮小学生なので事件に繋がらないのか心配されている。一番恐れているのが、彼を誘拐しないかだ。手元に置いておりて、常に運気をアップさせようとする輩が現れかねないからだ。そのために彼の護衛として警察が常に見守っているのだ。彼は果たして億万長者になるだろうか。将来が楽しみだ。

Mini Window Cleaner

Mini Window Cleaner

窓がいつもきれいな家はとても気持ちがいい。景色がとても良い家ならば、なおさら窓がきれいだと格別な気分になるものだ。だが窓掃除はとても面倒だ。なかなかきれいに掃除できないからだ。ではどうやって窓がきれいな家は掃除をしているのだろうか。そこに秘密があったのだ。なんと小さな窓清掃員が常に窓を掃除していたのだ。それはビルの窓清掃員と同じく、窓の上部からゴンドラを吊り下げて掃除をしているのだ。少しでも汚れると窓掃除をしてくれるので、常にきれいな状態を保てるのである。自然と家に住み着くものらしいので、いつか現れることを願っていよう。

Thomas Android

Thomas Android

政府がとんでもない法律を作ってしまった。こんな法案がよく国会を通ったものだと思う。それは税金を納めていない人を対象に鬼ごっこをして捕まえてもらうというものだ。その鬼がアンドロイドを使っているのだ。このアンドロイドの名称はトーマスという。なぜか外国人の容姿をしている鬼だ。毎日正午にトーマスの発令チャイムが鳴り響く。そこから1時間の間税金を納めていない人は追われる展開になるのだ。税金を納めている人は関係ないことなので、こんな法案が通ったのであろう。毎日トーマスに追われる立場になって考えて欲しい。お昼の1時間が苦痛になるのだ。だがトーマスのおかげで税金の未収金が回収され始めているらしい。結果が出ている分、この方法は続くだろう。地獄とはまさにこのことだ。

Zero Gravity Head

Zero Gravity Head

突然上空から現れた謎の立方体に襲われた。そしてその立方体が頭にすっぽりと被さったのだ。それからどのくらいの間気絶していただろうか。気がついたら夜になっていた。立方体に襲われた影響からかとてもグラグラして自分がどこにいるのか定まらない。常にぐるぐると天地が逆転したりするのだ。家で鏡を見てみると、なんと立方体の中で自分の頭が浮いている。そしてぐるぐると回っているのだ。この立方体の中はどうも無重力状態らしい。この立方体はなんなのだろうか。そしてこの立方体を取ることができずに困っている。

Gyoza Worm

Gyoza Worm

あれ?なんでこんなところに餃子があるの?餃子を買った記憶がないのに、テーブルの上に餃子がのっていた。誰か買ってきたのかなと思いつつ、お腹が空いていたので、食べようとしたところ、餃子が勝手に動き出した。な、何!よく餃子を見てみると目と口がついているではないか!これって生き物なのか?餃子にしか見えなかったが。そして餃子が連なって動いている。まるで何かの虫みたいだ。そう、この餃子だと勘違いしたものは餃子虫という餃子に似ている虫だったのだ。間違って食べそうになるくらい本物の餃子にしか見えない。皆さんも見かけたらよく観察してみよう。それは餃子虫かもしれない。

Umeboshi Mole

Umeboshi Mole

小さい頃から仏さまと同じで額にホクロがあった。最初はとても小さいものだったが、成長するにつれて少しずつ大きくなってきた。60歳になった今でもどんどん大きくなってきている。今では直径5cmくらいある大きなホクロになった。だがさらなる変化があるとは思わなかった。なんと黒色から赤色に変化したのだ。なんで?そしてホクロがしぼんできてなんと梅干しのようなシワが入ったのだ。これはまさに額に梅干しがくっついているようだ。とても目立つ場所についているので、変な目で見られる。これはついにホクロを除去する時期が来たのかもしれない。

Chikuwa Eel

Chikuwa Eel

とても奇妙な魚が発見された。それも大量に見つかったので新種と捉えた方がいいかもしれない。その魚は日本人が大好きなウナギだ。新種のうなぎである見た目の特徴があるのだ。それはうなぎの胴体にちくわが付いているのである。どのような過程を経てちくわが付いたのだろうか。それもうなぎの胴体の中ほどに体を包むようにして付いているのである。偶然にちくわにすっぽりとはまってしまったわけではない。うなぎの体とちくわは一体化している。よって成長の過程でこのような見た目になったということだ。うなぎの味はそのまま残しつつ、ちくわも同時に楽しめるという今後商品化を期待されるうなぎなのだ。