Fire Jellyfish

Fire Jellyfish

クラゲを見ているのはとても癒される。何時間でもぼーっとしてみていられる。水流に身を任せている感じがとてもいいのだ。そんなクラゲを見ることが流行ってきている。観賞用のクラゲを買い始める人が増えているのだ。そんなクラゲブームになっているのだが、とても不思議なクラゲが存在する。それはクラゲ自身が燃えていて炎を出しているのだ。どうやって炎を出しているのかもわからないが、水の中でも炎を出し続けられる仕組みが不思議なのだ。このクラゲを研究して海の中でも火をつけられる仕組みを開発中だとか。そんな不思議なことは本当に起こり得るのだ。

Pocky Front Teeth

Pocky Front Teeth

綺麗な歯並びだけが自慢だったのに、なんでこんなことになってしまうのか。顔の見た目を左右すると言われている歯並びだが、顔の作りに反して歯並びだけ良かった。それが突然前歯に変化が現れたのだ。どんどん前歯が伸びていき、そして細く尖っていった。それから変色してきて今ではまるでポッキーが前歯になってしまったのだ。そしてポッキーのようにポキってすぐに折れてしまうのだ。毎回の食事のごとに折れてしまう。だがものすごいスピードでまた伸びてくるのだ。永遠に生え変わるのである。なんでこんなことになってしまったのか・・・

Water Server Body

Water Server Body

なんて人が存在するんだ!幾ら何でもそれはないだろうと突っ込みたくなる。仕事場の同僚にとんでもない奴がいるのだ。それは上半身をウォーターサーバーの水にしている奴がいるのだ。どうやって生きていられるのかわからないが、彼が自分の体を自慢そうに見せてくるので本当にびっくりした。本物のウォーターサーバーになっているからだ。透明で水がたっぷり入っている。この水がなくなったら取り替えているというのだ。なんでこんな体にしたのかというと、水を取らなければいけない体質のようで、この方法が最善の方法だったからだという。そんなことってあるのかとても不思議だ。

Momojin

Momojin

まさかあんな人と出会うとは思ってもいなかった。田舎から都会の学校に出てきて、初のバイトを始めた。そのバイト先は果物屋さん。新鮮な果物を売る店で地元で愛されている店だ。そこの常連客で不思議な人がいる。百田さんという人なのだが、いつもピンクの服装で、頭部が桃の形をしているのだ。肌も桃色なので本物の桃のようなのだ。何回か接するうちに気軽に話しかけられるようになった。どうしてそんなに桃に似ているのかと聞いてみたところ、「桃の妖精なの」との答えだった。この人って本物の桃なのかもしれない。

Crab Nostril hair

Crab Nostril hair

歳を重ねるごとに鼻毛が伸びてくるのが早くなった。なぜかはわからないが、同年代の男性に聞いてみるtほとんどがそういうので、年齢と鼻毛の関係はあるのだろう。その鼻毛にとんでもないことが起こったのだ。普段より鼻毛がチクチクすると思っていた。こまめに鼻毛の処理をしているのだが、どうしても夜になると鼻毛が飛び出している。そのくらい鼻毛が伸びるのが早いのだ。そして朝起きた時に驚いた。なんとカニの触手が鼻穴から飛び出していたのだ。なぜに鼻毛がカニの触手になるのか。そしてこの触手は硬くて着ることも抜くこともできない。鼻から隠せずに出っぱなしだ。どうしたらいいのかわからずに困っている。

Boring Roll Insect

Boring Roll Insect

ボーリングは70年代に流行った娯楽だが、最近になってまたにわかにブームが訪れているらしい。そのボーリングの知られざる事実を知らない人が多い。ボーリング場の営業が終わった後にはレーンの掃除が始まる。その時にボーリングの球を磨いたり運んだりしなければいけないのがとても大変な作業なのだ。その作業を手伝ってくれる虫がいるのだ。それは象の糞などを転がすあのフンコロガシなのだ。それもボーリングの球だけを転がす虫だというのだ。これはどこからやってきた虫なのかわかっていないが、毎回指定の場所に球を運んでくれるらしい。小さいのにとても役に立つ虫なのだ。