「湯ー園地」大混浴露天風呂地獄絵図イラスト

メディアでも大きく取り上げられた大分県別府市で開催された「湯ー園地」。遊園地と温泉を掛け合わせたアトラクションパークを実現させる別府市の行動力は本当にすごいと思います。湯ー園地にある一つのアトラクションで大分朝日放送さんが主催する大混浴露天風呂の背景イラストを描かせてもらいました。地獄風呂がテーマで地獄絵図を描きました。タコさんシャワーのある部分には閻魔大王を描き、タコ壺シャワーの部分には阿修羅鬼を描いて演出しました。大混浴露天風呂も湯ー園地のイベントも満員で盛り上がったようです。
http://www.gokuraku-jigoku-beppu.com/yuenchiplan
大混浴露天風呂

Watermelon Hearing

Watermelon Hearing

夏が来れば思い出すー。毎年夏が来るたびにあることを思い出す。というか呼び起こさせることがある。それは自分の耳、聴覚に変化が起こるのだ。突然耳が聞こえにくくなったと思ったら、どんどん膨れ上がっていき、ついにはバスケットボールくらいの大きさまで膨らむ。そして変色していきある模様になる。それはまさに夏の風物詩、スイカだ。スイカが耳に取って代わるのだ。小さい頃にこの現象が起きてからすでに20年異常毎年夏に耳がスイカになっている。原因はさっぱりわからない。だが毎年なるので、自分でも受け入れてしまったのだ。夏の期間は難聴になるのだが、過ぎ去ると元に戻るので、もう慣れてしまった。毎年夏が来れば思い出すのだ。

Airplane Ear

Airplane Ear

いつも遅刻をするので怒られている。遅刻をするのは社会人としてなっていないのでクビにされそうなのだが、なぜかクビにされないので、どうにか働き続けている。毎日のように遅刻をしてくるので、会社側も諦めたようだ。どう頑張っても遅れてしまうのだ。気持ちが焦るとさらに遅れてしまう。この感情が体を動かしたのか、体にある変化が生まれた。それは耳の部分が伸びてきて翼のようになったのだ。そして鼻も伸びてきて、顔の一部分がまるで飛行機のようになったのである。こうなると、少し歩いただけで風に乗って体が浮くのだ。そうなると移動が早くなり遅刻が減ると思ったが、飛ぶスピードが歩くのより遅いので、ますます時間に遅れるようになった。遅刻魔は変わらないようだ。

Angry Bump

Angry Bump

小さい頃からとてもおとなしい子供だった。感情の表し方がよくわからないので、いつも黙っていることの方が多かったのだ。もちろん大人になった今でも性格はそうそう変わるものではない。だが、ある体の一部が自分に変わって感情を表現していくれるところがある。それも怒りに対してだけだ。それは小さい頃に転んで打った頭のたんこぶである。このたんこぶは普段は小さいのだが、怒った時だけ膨らんでいかにも自分は怒っているんだぞという色とふくらみの大きさで表現できるのだ。普段おとなしいボクだからこそこの大きな変化にみんな驚いて、恐れるようになった。ボクを怒らせたらとんでもないことになると周りでは思っているようだ。

Tentacles In The Body

Tentacles In The Body

人間の体というのはとても不思議なものだ。いや、自分の体がもしかして特別なのかもしれない。他に自分のような体の持ち主の話を聞いたことがないからだ。自分の体に何が起こっているのかというと、体内からタコの触手のような長いものが数本出てくるのだ。そして鼻穴、耳穴、口からありとあらゆる穴から触手が伸びるのである。普段は体内に隠れて出てこないが、興奮したりするとなぜかこの触手が出てきてうごめくのである。自分ではコントロールできないので、触手が落ち着くのを待たなければいけないのである。今のところ異常はこれ以上感じないので、このまま触手と生きていくつもりだ。

Gills Breathing

Gills Breathing

人間はもともと水の中でくらいしていたという説がある。そえrは顔の骨格の一部にエラがあった痕跡が残されていたからだ。これは世紀の大発見だ。そして数年に一度このエラが発達している人間が生まれてくるというのだ。ほとんどは赤ちゃんの時期に使わないので消えてしまうが、残る人も数人いるのだ。なぜ目立たないかというと気づかないのである。本人でさえエラがあるのを知らないのだ。一般的にエラが張っている人はエラがあるケースが多い。そう思ったら水の中で潜ってみるといい。泳いでみると自然とエラが開いてずーっと水中に居られるはずだ。気になる人は試してみよう。あなたもエラがあるかもしれない。

Pygmy Massage

Pygmy Massage

あー肩が凝った。それに全身が痛い。こういう時はマッサージをしてもらうのがとても気持ちいい。仕事帰りにマッサージによってみるとかお店を探しているところ、オープンしたてのお店が近くにあるのを発見した。早速予約をしていってみると、驚きのマッサージの仕方をする場所だということを説明された。それは小人がマッサージをするというのである。本当かなと思っていざ施術始めると、本当に小人がやってきて体をマッサージしてくれた。その心地よさたるは天国に行けそうな気分になる。小人の足や手がツボにちょうどいい大きさで、今まで味わったことのない快感が襲ってきた。すっかり疲れも取れてリフレッシュ!なんていいマッサージだろう。また来ようと思う。でもあの小人はどこからきたのだろうか・・・

Train Head

Train Head

鉄道が大好きな人はどの年代にもいる。特に若者を中心に電車が好きな人は増えてきているそうだ。鉄オタの世代が若くなるにつれて、ジェネレーションギャップも生まれる。鉄オタの中でも世代交代が始まっているのだ。今の若者の鉄オタはとにかくファッショナブルだ。芸能人にもたくさんの鉄オタがいるので、その影響かもしれない。そしてついにとんでもない鉄オタが現れた!それは自分の頭部を電車にしてしまったのである。整形手術に1000万円以上をかけて完成させたのだ。その姿が恐ろしい。もはや人間ではない。だが鉄オタの中では神様のような存在として崇められている。新人類は何をするのかわからない。

Miracle Of 11:11

Miracle Of 11:11

偶然に起こり得ることはどこにでもある。その偶然が何回か起こるとそれは奇跡と変わる。そんな出来事はなかなか起きるものではない。最近インスタとかで話題になっている現象がある。それは11:11の奇跡というものだ。偶然に11時11分に4人のおっさんが偶然にも一列に並んで、髪の毛の薄い頭頂部から光が当たってキラキラと光った柱が放たれるという現象だ。これが11時11分と形が似ているし、時間も11時11分なので11:11の奇跡と呼ばれているのだ。これを見た人は幸せになるという都市伝説まで現れている。本当に偶然でしか現れないこの現象を一度は見たいものだ。