Tomato Lake

Tomato Lake

イタリアのある奥地の山に有名な湖がある。何で有名なのかというと、湖の色が赤色なのだ。世界でここだけに存在する赤色の湖なので、世界の珍スポットとして有名になったのだ。この湖の赤色は何からきているのか?長年の水質調査でわかったことは、トマトが関係していること。大量のトマトが水と混ざっているのだ。それで水が赤くなっていると思われる。そしてもう一つこの湖の有名になった理由がある。100m近い高さのある崖からこのトマト湖に飛び込むという習慣が昔からあるのだ。この地域の古い伝えがあって、トマト湖に飛び込める人こそ本当の男子だと言われているのだ。そのために世界各国からこのトマト湖に飛び込むために人がやってくる。だがあまりの高さに人々はビビり、今までに数人しか飛べた人はいない。超難易度の高い飛び込みだ。本物の男になりたかったらチャレンジしてみよう。

Surume Spirit

Surume Spirit

なんか最近身体がとても重い。毎日がとてもしんどい。何かに取り憑かれたようだ。そう、自分では見えない守護霊があるとんでもないものに変わっていたのだ。そのものとはスルメである。それも人間大に大きいスルメなのだ。そのために身体の重さが変わってとてもしんどいのだ。なぜにスルメが取り付いたのかわからないが、スルメに呪われているのかもしれない。スルメがいそうな場所に行った記憶もないし、スルメを怨まれるほど食べた記憶もない。スルメと関わっているきっかけはないのだ。なのにスルメが背中に取り憑いたとなると、何かしらの原因が悪としか思えない。これはスルメからのメッセージなのかもしれない。

Sandwich House

Sandwich House

ついに長年の夢のマイホームを手に入れた。一生で一番大きな買い物だ。誰でも自分の家を持つことは夢見ている。そして住まいを理想の形にできるとなるとなおさらだ。私の描いていた家は誰も共感してくれないだろうが、自分にとっては最高のお城である。私は狭いところがとても大好きで、部屋の中に隙間を作ってそこにいるようにしている。家族からは邪魔じゃなくて良いと思われているのだが、はたから見ればとても変な光景だ。そして家自体を狭い隙間に建てたから家族としては住みにくい家になっている。そしてその挟まれ方が、サンドイッチのようにしているのだ。そのために近所からサンドイッチハウスと呼ばれている。家に入るのも簡単でないが、常に狭い空間で生活できているので、私にとっては理想の家なのである。

Nose Underpants

Nose Underpants

一度花粉症になってしまうとその年から毎年花粉症に苦しめられる。様々な花粉症対策グッズが販売されていて、自分に合うグッズは何かさえわからなくなっている。そんな花粉症グッズの中でも一際目立っていて、なおかつ効果があるという商品が話題になっている。その商品とは、鼻パンツと呼ばれている商品だ。鼻につけるパンツといえば想像しやすいだろう。単純に鼻穴から花粉を取り込まないようにするという単純な作りなのだが、その効果はマスクより絶大なのだ。鼻につけるというちょっと不思議なスタイルだが、馴れてしまえば違和感はなくなり花粉をシャットアウトできるので生活しやすくなる。そしてこの鼻パンツでおしゃれをアピールできるので人気が出ているのだ。花粉症の強い味方だ。

List Conversation

List Conversation

スマートフォンがこんなにも普及した世の中になると、言葉を発する重要性が軽視されてきているように思える。スマホで会話をする機会がほとんどのケースで若者のコミュニケーション能力は落ちていっている。そのために社会に出遅れる人が増えているのだそうだ。そんな世の中であるが、良い面も伝えられている。スマホ世代と呼ばれる人々は会話するときにたくさんの選択肢を頭に思い描けて、その中から一番いい返答を話すという事実だ。まさに頭の中でスマホの画面を思い描き、そのリストの中から最適の言葉を発している思考回路になっているというのだ。このおかげで実は会話がスムーズにつながっているという結果があるのだ。コミュニケーション不足なのだが、実は今までよりしっかりと伝わっている世代なのだ。

Natto Alien

Natto Alien

日本全国で食べられている納豆は今では世界各地でも食べられるようになってきている。ヘルシーな食材ということと、健康に良い食材と言われているからだ。だが納豆の知られざる世界というものが存在する。それは納豆は宇宙から持たされたものなのだ。納豆は宇宙人が地球を戦略するために使っているアイテムなのだ。納豆菌で人間の体を犯して、コントロールしようとしているのである。人間はそんなことを知らずに美味しく納豆を食している。だが最近、各地で納豆型の宇宙船を見かけるようになり、何かがおかしいと気付き始めたのだ。人間と納豆星人の戦いは今後勃発するのかもしれない。

Crow Hair Style

Crow Hair Style

カラスは今まで人間に嫌われてきた。不幸なイメージが定着しているし、街中のゴミを漁って生きているので嫌がられているのだ。そのカラスの良いイメージといえば真っ黒なのでクールなイメージもあるということだ。人によっては捉え方が違うのだが、黒は昔からかっこいいというイメージも定着しているのだ。その印象を利用して新たなファッションが生まれた。それはカラスヘアースタイルだ。以前までは髪を茶色に染めるのが流行っていたのだが、今はあえて真っ黒にするのが流行っている。そして何よりキーポイントになるのが本物のカラスを頭の上で飼うことだ。これができることでカラス使いになれてよりかっこいいイメージへと変わるのだ。カラスを飼うことはとても難しいので、このヘアースタイルができるということはある一定の人間に限られるのだ。やはりおしゃれ上級者は違う。

Kakipie Rain

Kakipie Rain

日本を代表するお菓子に柿ピーがある。柿の種とピーナッツを合わせた絶妙な組み合わせのお菓子だ。その柿ピーがなぜか自然界と関係があるのか驚きの現象が各地で起きていている。それは柿ピーが空から降ってくるのだ。まさに気候の雨のように天空から降り注ぐのだ。固形物なので直接当たるとまさにひょうのようにめちゃくちゃ痛いのだ。一瞬で地面が柿ピーになってしまい、そのまま排水口に流れると詰まってしまうので、掃除するのが大変なのだ。何でこんな異常な気候になってしまったのか。そもそも柿ピーは自然にできるものではない。一説によると柿ピーを運んでいる飛行機が墜落しているのではないかという噂まで流れている。本当のところは何なのかわかっていない。

Devils Beans

Devils Beans

まさかそんなことってあり得るのか。今まで都市伝説だと思っていたものが実際に存在するとは思ってもいなかった。それは「悪魔の豆」と呼ばれているものだ。なぜかというと、この豆を食べると悪魔になれると言われているからだ。一見普通の豆のように見えるが、中を開けてみると悪魔の形をした紫色の豆が入っているのだ。それを1時間ほど煮てから塩漬けしたものを食べるとみるみるうちに体が変化して悪魔になれるというものだ。空想上のものかと思ったが、実際に悪魔の豆を目の前にして本当だったということがわかった。これから実際に豆を煮て塩漬けにしようと思う。今度会うときは悪魔の姿で現れるかもしれない。

Ceiling Snake

Ceiling Snake

子供の頃とても怖かったのがある。それは天井に浮かび上がる無数の木目だ。いろんなものが浮かび上がっているように見えてとても怖くなったのだ。だが、それはまだいい方だった。なぜならいつのまにかあるものが天井に現れたからだ。それは無数の蛇である。最初は木目が蛇に見えているのかと思いきや、本物の蛇が天井からぶら下がっていたのだ!そして夜な夜なニュルニュルと動き出すのである。どうも天井に住み続けているようで、天井から動かないのだ。寝ている時も、部屋にいるときもいつ襲われるのかわからない。常に緊張している状態だ。大人になった今でも天井の蛇はいつも通りぶら下がっている。蛇と一緒に成長してきたのだ。これは一生一緒に生きていくのかもしれない。