Yarn Ear

Yarn Ear

急に耳が聞こえにくくなった。それもなぜか右耳だけだ。どうしてなのかわからないが、右耳だけが調子悪いのだ。そのうちに治ると思っていたのだが、どうもそうはいかないらしい。どんどん聞こえが悪くなって行った。そう思ったら、今度は耳の穴から何か糸みたいなのが出てきたのだ。どんどんそれが長くなってしまいには耳から出たこのいとは毛玉になった。まるでお店で売っている毛糸のような見た目になったのである。この糸は自分の体とくっついていると思うと、切ることができずにいる。もし痛かったらどうしようと思うからだ。実際のところはわからない。どうしていいのかもわからない。なんなんだ!

Anpan Detective

Anpan Detective

どんな無理な解決不可能と言われている事件でもしっかりと解決する有名な刑事が存在する。あまりにも多忙な人なので見かけることがほとんどないが、生きる伝説にもなっている人だ。もう刑事になって10年以上になるが、同じ職場なのに一度も見かけたことがない。都市伝説ではないのかと思っていた。その伝説の刑事にこの前あったのだ。その刑事のあだ名は「あんぱん」だ。刑事といえば張り込みで、あんぱんと牛乳を食べるのがスタンダードになっている。彼はあんパンを食べすぎて、それに好きすぎてあんぱんの顔になったのだ。その顔で張り込みをしていて気づかれないのもすごい。伝説の刑事はあんぱんで全てを解決してきたのだ。それゆえに伝説とも言われている。まさに刑事の鏡だ。

Eel’s Umbrella

Eel’s Umbrella

雨が毎日続くとうんざりしてくる。気も滅入ってきて鬱になりそうだ。毎日傘を持っていくのも嫌だし、途中で傘を忘れる、盗まれるってことも頻繁にあるので、面倒が多いからだ。絶対に忘れないような傘ってできないかと傘メーカーが考えた商品がある。それはうなぎ傘というものだ。1年間しかもたない傘だが、今話題の商品になっている。うなぎそのものが傘になっているというもので、忘れない理由として、うなぎは使用主を記憶しているってことだ。忘れそうになると知らせてくれるのだ。それにうなぎは水分が必要なので、雨に当たりたいのだ。天気が続くと鰻の生命に関わるので、なるべく使ってもらいたいのである。とても不思議な商品だ。

Twisting Dog

Twisting Dog

世界の犬の間で流行っている病気がある。現在で約40%の犬がこの病気にかかっているからとても猛威をふるっている。どうなってしまうのかというと、胴の部分が伸びていってねじれるのだ。犬自身はあまり変化を感じていないらしく、いつもどうりに生活しているのだが、みているこっちからすると、とんでもない状態だ。痛みもそんなに違和感も感じていないので、苦しがったりしていないが、どうしてこんな体型になってしまうのか。それはある菌が関係しているようだ。どんな犬種でもこのねじり菌に侵されると体がねじれてしまう。世界の研究者はどのようにすれば治るのか研究中だ。ねじり菌に侵されないように気をつけよう。

Orange Back

Orange Back

これは何かの呪いか!最初は小さいおできが背中にできた。あまりにも小さいので汗疹か何かだと思っていたが、日に日に大きくなったのだ。病院に行ったところ大きなおできとしか言われなく塗り薬をもらっただけ。毎日塗っているが、それでもおできは大きくなるばかりだった。そしてついにとんでもない大きさになった。自分の身体の2倍くらいまで膨らんだのだ。そしてオレンジ色に変化し、まさに大きなオレンジが背中に張り付いているかのようだ。とても重いし、バランスが取るのがとても難しい。服も着れないので、裸のまま生活している。どうしてこんなことになってしまったのだろうか。いつかはこのオレンジは取れるのだろうか心配だ。

Glove Mask

Glove Mask

何もそこまですることはないのに・・・世の中とは不思議なものだ。若者に流行っていることがある。普通は寒い冬に手を温まるための手袋なのだが、それをニット帽のようにかぶるのだ。それも顔全体を覆うようにかぶるマスクタイプのニット帽になっている。これだと誰だかわからなくなるのだが、かぶった時に5本指の部分がピンと立っているのがかっこいいしかわいいというのだ。どうしてそのような感覚になっているのかとても疑問だが、若者はそれがいいと思っているのだ。それも普通の手袋を伸ばしてかぶっているので、とても違和感を感じるのだ。目の部分と口の部分を自分で穴を開けているのでなおさら不思議に感じる。世の中には手袋マスクの若者でいっぱいだ。

Soba Waterfall

Soba Waterfall

そばを食べないと年を越したように感じない。年越しそばとはそのくらい重要な食べ物なのかもしれない。ほとんどは、そば屋か家庭で31日に食べるのだが、そば好きの中で聖地になっている場所がある。その場所のはっきりとした場所は本当のそば好きしか知らない場所だ。公にされていないのだ。それはなぜなのか。理由は天然のそばが流れてくる滝があるというのだ。その滝から流れてくるそばを滝つぼ付近ですくって食べるのだ。いわば天然のざるそばだ。よって人々に荒らされないようにこの場所はそば好きに守られている。私有地にある滝なので普通には入れないのだ。各々が好きなそばつゆを持って行ってこの滝のそばを食べて年を越すのだ。そば好きにはたまらない年越しである。

Caterpillar Pet

Caterpillar Pet

ご老人になると動くのが億劫になる。もちろん適度な運動をしないと、ますます老いが進んでいくので、病院では適度な運動を進めているのだが、なかなか実行しないご老人がほとんどだ。そこで、犬などのペットを飼って散歩をするように進めるが、ペットを飼えない環境の人も多々いるので、なかなかうまくいかないのが現状だ。そこでどこでも、誰でもかえるペットとして開発されたのが青虫だ。それも小型犬くらいに大きい青虫だ。餌はキャベツをあげればいいので、人間と食べる食材は同じ。なぜ青虫かというと、動きが遅いし飼いやすいという点だ。散歩に行っても、歩くペースがご老人と同じなので無理がないのだ。このような利点から、青虫をペットとして飼うのが流行っているのである。

Takuan Hair

Takuan Hair

今年で60歳になった。もうすっかりおじさんで体の方も調子が悪くなってきている。年齢には逆らえないようだ。オレはもう20年も前から髪の毛がなくてずっとハゲでいるのだが、なぜか60歳になって髪の毛?が生えてきた。それも頭のてっぺん直径5cmほどの地帯だけだ。そしてその髪の毛はだんだんと黄色くなっていき、束ねられて、まさにたくあんのようになったのだ。何をいきっているのかと周りから言われているのだが、オレは何もしていないのだ。若返ったという声も聞くのだが、大半の人はばかにしている。たくあんのヘアスタイルだろうと、20年ぶりに生えてきた髪の毛にとても喜んでいる。どんな髪の毛だって紙があるのは嬉しいものだ。

Mountain Rice Tits

Mountain Rice Tits

貧乳で悩んでいる女性陣たちに今話題になっている胸を大きくする方法がある。それはご飯を食べる量を増やすということだ。こんな簡単なことで胸が大きくなるのだろうか。単に体重が増えて太るだけではないだろうか。ここにちょっとした仕掛けがある。ご飯だけを食べるのではなく、梅干し1個と大量のご飯を食べるのだ。だいたい1食につき1合を食べる割合だ。そうすると胸だけがいい感じに大きくなるのだ。ご飯の栄養素が胸だけに集中してたまるのだ。そして梅干しがとっても重要で、栄養の周り具合を梅干しが影響しているのである。日本人はもともと貧乳が多いが、日の丸ご飯はこのような理由で発達したのだ。日本の知られざる歴史である。