Fire Ant

Fire Ant

最近色々なところで火事が起きている。そしてその火事の原因が何なのかわからないのだ。どう考えても火が起こりにくい場所が発端で火事が起きている。放火の疑いが大きいのだが、ビルの15階のベランダから出火しているとか、放火ではあり得ないような火事も起きているので謎めいているのだ。だが最近になって疑わしい原因が囁かれている。それは外来種のアリが原因ということだ。そのアリは炎アリと呼ばれていて自ら危険性を感じると出火するのだ。そのアリが最近いたるところで出没しているというのだ。この炎アリが原因で火事が起きているというのだ。政府はこのアリの除去に乗り出し始めたようだ。

Tornado Hair

Tornado Hair

なけなしの髪の毛がまさかこんなことになるとは!かれこれ髪の毛が薄くなって早10年経つが、その間にもたくさんの毛が抜けて今では頭頂にはほとんど髪の毛がない。だが僅かに残された髪の毛にこんな異変が起きるとは思わなかった。それは自分の気分と一致しているかのごとく、変化するのだ。特に大きな動きをする時が不安を感じている時だ。不安を感じているときに髪の毛が集まってきて、ぐるぐると回転しだすのだ。その後にとぐろを巻いたようになって、竜巻のようにうごめくのである。その姿は頭上で起こっているハリケーンのようだ。あまりにもインパクトのある見た目である。これも体の変化の何かしらのサインなのかもしれない。

Snake Socks

Snake Socks

爬虫類好きの女子は意外とたくさん存在する。その中でもトカゲと蛇が大人気だ。ペットといえども、爬虫類は散歩をしなくてもいいのも人気の一つではないだろうか。だが、最近爬虫類を飼っている人たちが散歩をしたくてたまらないそうだそうだ。そこでどうにかして散歩に連れて行けないか考えた。その一つの方法として人気があるのが、蛇ソックスだ。蛇を飼っている人が自分の足に蛇を巻きつけるというもの。これで蛇を外に散歩に連れていけるのだ。意外に蛇は散歩中はおとなしくしているので、街ゆく人々は蛇に気づかないほどだ。よく観察してみてみると、蛇を足に巻いている女性はたくさんいる。よく足元を見てみよう。

Donut Face

Donut Face

あまりにも自分にとっては当たり前の出来事なので不思議には思わないのだが、周りの人々は変な目で見てくる。それは自分の頭部がドーナツになっているからだ。こうなったのにはある経緯がある。それはドーナツが好きすぎて高校生になってからドーナツ屋さんでアルバイトをした。毎日の楽しみはドーナツを毎日食べることだ。楽しい生活をしていたある日、ふとあることを思いついた。もしかしたら自分を揚げたらドーナツになるかもしれない。どう考えたらそんな発想が浮かんだのか不思議だが、実践したのだ。思った通り顔がドーナツになれた。自分ではとても満足なので、そのまま生活している。自分が良ければそれで良いのだ。

Corn Worm

Corn Worm

世界中にはたくさんの虫が存在する。特にコスタリカは今でも毎日のように新種が見つかっている虫の楽園だ。特に今回見つかった虫が話題になっている。それは食物のトウモロコシの粒に似ている虫だ。近くで見てもトウモロコシにしか見えない。トウモロコシの粒が連なっている芋虫なのだ。あまりにもトウモロコシに似ているので、今まで気がついていなかったのだ。そして今後木になることは、この虫は成虫になることだ。トウモロコシの胴体を持っているので、どんな虫になるのか注目が集まっている。

Lemon Chin

Lemon Chin

ボクが住んでいる広島県はレモンの一大産地だ。小さい頃からレモンを食べるのは当たり前。そこら辺に転がっているのでタダみたいなものなのだ。毎日のようにレモンを食べているので、レモンを食べないと落ち着かない性格にもなっている。そんなある日、体にある異変が起きた。それは顎がなぜか伸びてきたのだ。そして顎の先が二股に分かれてきて、色も黄色くなってきた。そう、レモンのような顎になったのだ。顎を触ってみてもレモンのような肌触りだ。そして極め付けが、顎を少しでも絞ってみるとレモン果汁が滴りおちるのだ。長年レモンを摂取してきて体の一部がレモンになったのである。

Golden Miso

Golden Miso

金は世界中で取引されている。そして金の価値は下がりにくいので、いざという時のために金を買い漁っている人もいるくらいだ。世界中の金の量は大きく変化しないので、価値が変わりにくいのだ。その金に勝るものがあることをご存知だろうか。金持ちの間でしか取引されていないものなので、あまり知られていない。それは「金の味噌」と呼ばれるものだ。まさに熟成発酵して金色になった味噌のことを言う。これを金の延べ棒みたいにして保管しておくのだ。腐ることもなく、月日が立つほど金色に輝くのだ。一説によると金の100倍の価値があるらしい。ぜひ一度でいいからお目にかかりたいものだ。

Screen Door Guardian

Screen Door Guardian

網戸は虫が室内の中に入ってこないようにするためのものだ。夏の暑い日にはとても重宝するもの。網目の細かさで虫が入ってこない仕組みになっている。そう思っていたが、実際はどうも違うらしいのだ。それはとある網戸メーカーの話だ。この会社も当初は網戸の細かさが虫の出入りをシャットアウトすると思っていた。だが、どうも違ったらしいのだ。なんと網戸にはある生命が宿っていたのだ。それは網戸の守り神と呼ばれる小さな生き物だ。あらゆる虫や埃などの侵入を彼らが守っていたのである。これらはあまりにも小さいので、目に見えなかったのだ。いつも守られていることを感謝したいものだ。

Bucket Kappa

Bucket Kappa

まぼろし、架空の生き物とされてきた妖怪のカッパがついに発見された。それも意外な形で発見されたのだ。それは都内のホームセンターで見かけられたのだ。夜中の静まった時間帯にホームセンターに泥棒が侵入した。その時に怪しい人物で問いただすとカッパだというのだ。カッパは本当に存在したのだ。では、なぜにホームセンターにいたのか。それはバケツを盗みにきたのだ。なぜバケツかというと、頭の上に乗せるバケツだという。なぜにバケツが必要なのか。それはカッパの命とも言える頭のお皿を潤すためだという。想像していたカッパとは違ったが、カッパは本当に存在したのだ。

Spade Magician

Spade Magician

世界中を驚かしているマジシャンがラスベガスにいる。世界で一番エンターテイメントが盛んな街だ。そんな世界中から選りすぐりの強者が集まる街で実質ナンバーワンになっているから世界一と言って良いだろう。そのマジシャンの名前はスペードだ。なぜスペードなのかというと、本人の顔がトランプのスペードのエースになっているからだ。彼の得意技はトランプを使ってやるマジックで、彼しかできない技がたくさんあるのだ。そのどのマジックもいまだにどうやっているのかわからないのだ。そのためにマジシャンとして世界一に君臨しているのだ。彼こそ本物のマジシャンと言えるだろう。