Nori Festival

Nori Festival

日本にはたくさんのお祭りが存在する。メジャーなものからとてもマイナーなものまで地域性が強いお祭りがある。古来から伝わるお祭りなので、歴史的にみてもとても興味深いものも多いのだ。その一つに「海苔祭り」というものがある。この地方では昔から海苔の産地で毎年豊作になるように神様に海苔の収穫時期になるとお供えをするのだ。この祭りの最大のポイントはその年に採れた一番海苔を使って盛大に祭りをすることだ。その光景はまさに海苔の祭りと言っていい風景で、海苔を使った紙吹雪が町中に広がるのだ。上質な海苔なので、拾って食べられるのだ。そのために全国から人が訪れる有名な祭りになったのである。

Sulfur Body

Sulfur Body

自分の匂い、体臭に今まで気がつかなかった。それはあまりにも普段の匂いがそのまま自分の体臭だったからだ。普段嗅いでいる匂いが普通になってしまっている状態だと、それが当たり前だからだ。ボクは小さな温泉地で生まれて育った。そのために家の中も町中も温泉独特の匂いが充満していたのだ。そんな環境で育ったから自分の体臭が温泉臭いとは思いもしなかったのだ。大学で東京に出て暮らすようになって初めて気がついたのだ。みんなボクが近くによると鼻が取れるくらい臭いというのだ。それに周りの人と比べると、明らかに自分の肌の色は黄色いのがわかった。硫黄が体の中に浸透しているのだ。小さい頃から硫黄の入った水を飲んでいたからだ。このような体質になってしまった以上、受け入れていくしかないだろう。

Sickle Hand

Sickle Hand

なんだこれは、自分の体がどうなっているんだ?突然の出来事で、自分に何が起きているのか自分で消化できていない。なぜかというと、自分の手が鎌になってしまったのだ。これでは何も掴めないし、持てない。触るものすべてを切り刻んでしまうように思えてしまう。まさに映画であったシザーハンズのような手になってしまったのだ。服を着るにも衣服を刻んでしまうし、すごく不便なのだ。唯一役に立つのは料理の具材を切り刻む時で、瞬時でみじん切りができてしまう。では、なぜこんな手になってしまったのだろうか。料理人でもないオレが、なんの生活にも役に立たない手になってしまうとは。未だに原因はわかっていない。

Candle Zazen

Candle Zazen

座禅は心を落ち着けるためにはとても良い方法だ。何事も考えず、絶えず無でいることを要求されるので、集中が増して心をコントロールすることができるようになる。そして座禅で最も効果的なのが、少しでも邪念が入ると肩を叩かれて痛いという感情が生まれることだ。この痛みを感じたくないために、無になることを頑張るのだ。この効果を使って新たな座禅が生まれた。それは頭の上にろうそくを乗っけて座禅をする方法だ。少しでも動くとろうそくが垂れてくるので熱いのだ。あまりにも動くと火傷もしてしまうので、必死に動かないようにしなければいけない。まさに心を無にしないと大変なことになるのだ。このスリルが心を平常に保つ手段として人気が出ている理由だ。

Ikura Kun

Ikura Kun

海鮮類が大好物な人はたくさんいる。その中でもいくらが大好きな人は案外多いものだ。大量にご飯にかけて食べるイクラ丼は不動の3位以内にランクインする丼だ。そんないくらを食べ過ぎるととんでもないことがわかった。身体の一部がいくらの塊になるということだ。人によって症状は違うのだが、一番世間を騒がしたいくらは頭部全てがいくらになったパターンだ。大きないくらの中に小さいないくらがたくさん入っていて、とても気持ちの悪いビジュアルになっている。いくらが潰れそうで怖いが、案外丈夫だし、いくらが潰れてもどういう仕組みかわからないが、復活するので大丈夫みたいだ。いくら好きの方はくれぐれも食べ過ぎには気をつけよう。

Galaxy Body

Galaxy Body

人類は長年宇宙の研究をしているのだが、未だに宇宙の誕生はどのようにして生まれたのか答えが見つかっていない。さらに宇宙の規模がどのくらいなのかも未だにわかっていない。宇宙のことはわからないことだらけなので、常に人類の目指す最高峰の課題といえよう。そんな未知の世界の宇宙があることがきっかけでもしかしたら身近になるかもしれない。それはある男の身体が銀河になってしまったからだ。経緯は全くわからないが、本人曰く突然なったという。彼の身体を検査することで宇宙が解明するかもしれないのだ。彼は人類、いや宇宙の希望かもしれない。全世界が結束して彼の身体を調べている最中だ。

Sloth Business Man

Sloth Business Man

働くというのはとても大変だ。生きていくためにはお金を稼がないと生きていけないからだ。そのために人は生涯の半分以上を仕事に費やしているのだ。そして怠け者の名前がついている動物がナマケモノだ。ゆっくりと動いて1日何もしない日があるからだ。とにかく働かない、動かないのでナマケモノと呼ばれているのだ。そのナマケモノが最近人間社会で生きているのをご存知だろうか。ナマケモノの社会では生きていけないナマケモノが人間の言葉を覚えて、社会に適応しているのだ。そして今までのナマケモノのイメージを払拭するかのごとく、働きづめなのだ。実はナマケモノは働き者なのである。

Big Shooting Star

Big Shooting Star

地球が終わってしまうかもしれない。アメリカのNASAが発表したところによると、数日後にとても大きな惑星が接近するということだ。今のところ地球にぶつかる可能性は少ないが、本当にスレスレのところを通り過ぎる予定なのだそうだ。それも流れ星のように一瞬の出来事なので、何が起きるのかわからないというのだ。地球の重力に引きつけられすぎると地球は無くなってしまうというのだ。このニュースを聞いて世界は震撼している。そしてついに当日が来た。目に見える大きさで惑星がこちらに近づいて来ている!ぶつからないか人類は祈るのみだ。今まで見たことのない、大きな惑星が一瞬大きな光を放って通り過ぎて言った。その一瞬はとてもこの世のものの光景とは思えなかった。とても綺麗だったのだ。ともあれ地球が無事でよかった。

Dragonfly Helmet

Dragonfly Helmet

これぞ未来が来た!って感じだ。なんと空を自由に飛べる時代がついに来たのだ。まさにドラえもんの世界が来たと言っていいだろう。どのように飛ぶのかというとトンボが乗ったヘルメットをかぶるのだ。そうすると、トンボの脳と人間の脳が通じ合って、行きたい場所へ行けるのだ。トンボなんで空を飛ぶスピードは遅いのだが、それでも空を飛べるという人間の長年の夢が初めて叶ったので、とても世間は話題にしているのだ。実際にこのトンボヘルメットをかぶり空を飛んでみると、とても心地が良い。スピードが逆にないので、地上を眺めながらゆっくりと移動するのがいいのだ。それに値段も手頃なので、今後もっと浸透していくだろう。未来はもう来ている!

Bubble Nose

Bubble Nose

私は鼻水が人の3倍も出てしまう。常にハンカチやティッシュを持ち歩いては数分に一度鼻をかむ。面倒臭いが鼻の粘膜が弱いので、鼻水ができやすい体質なのだ。そんな身体だが、年を重ねるごとに少しずつ変化が出てきた。どんな変化かというと、鼻水から泡が出るようになったのだ。まるでシャボン玉を作る石鹸水のように変化してきたのだ。そして鼻息がそれに加わると、まさにシャボン玉が鼻からできて出てくるのである。気をつけないと、知らないうちにシャボン玉がたくさん出てきてパニックになるのだ。子供たちからは好かれるが、大人たちは気持ち悪がって近寄らないので、どうにかならないものか悩んでいる。