Olivier Gramophone

Olivier Gramophone

世界で初めて蓄音機を開発したのはビクターと思われているが、実際は違う。フランス人のオリビエが蓄音機の原型を開発していたのだ。そのオリビエ蓄音機とはどんな感じかというと、実際にオリビエが口パクで音を出すというかなり原始的なもの。だから、蓄音機の形はオリビエ本人の形なのだ。そのために量産できなくて、ビクターにアイデアをとられたのだ。だが、ご安心を。オリビエ蓄音機は現在も動くというビクターの先をいっていたのだ。いまでも、昔のままにいい音を聞けるという、かなりレアな機械になっているのだ。世界に一台しかないので、オークションにかけられても、結局は値がつかない。というか値段が破格になりすぎて取引に毎回ならないのだ。そんなオリビエ蓄音機、聞きたいのなら実際にフランスにいくと意外と簡単にあえるのでいってみるといいかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>