Plastic Bag Man

Plastic Bag Man

エコロジーということが叫ばれてきたのは個々数年の話。いまでは一般人までもが、エコに気をつけて生活している。そのいい例がエコバックの使用率がかなりあるということだ。もともとスーパーの袋は、資源の無駄でしかない。今では袋のにもお金を払っているので、少しは改善されて入るのだが、やはり各々がエコバックを持っているのが望ましいのだ。そんなことを普及活動しているおじさんが私の住む町ではもう、かれこれ30年以上前からはいるのだ。いつもスーパーの前にいて、エコバックをもとうと叫んでいるのである。そのおかげで、この近所に住んでいる大体の住民はエコバックを使用している。このおじさんのおかげなのだ。だが、肝心のおじさんはスーパーの袋で生活をしている。それはどうかなと思うけど、エコバックの普及の一環だと思えばいいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>