Quadrupedal Locomotion

Quadrupedal Locomotion

人間はいつから2足歩行になったのだろうか。もともとは4足歩行だったはずだ。ある種の人間は退化している部分も出ることがある。今では有名になったカケルは4足歩行をする人間だ。手と脚で4足歩行をすると思えば、かれはちょっと違う。どうDNAが変化したのかわからないが、脚が4本あって歩行するのだ。どういうこと?となると思う。想像通り4本の脚がでているのだ。それも膝の下辺りからもう一本の足が出てきているのである。そのために、一見何がなんだかわからない。足が多く見えていて、かなり不自然さを感じるのだ。本人は小さい頃から4本足なので、違和感は無いようだが、傍目にはかなり変な状況だ。面倒なのは、パンツを特注しなければいけないのと、靴を4足買わなければいけないことらしい。それも、微妙に足のサイズが違うので、何種類もの靴のサイズを買わなければいけないという、なんとも大変な暮らしだ。足が4本あるからって歩く速度が速いわけではない。どちらかというと遅めだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>