Selling Name Election

Selling Name Election

今の時代選挙で当選するのはとても難しい。ある政党がとても勢力が強すぎて、なかなか無所属の候補者は当選できないのだ。だが、ある地方都市で驚きの90%の投票率をいただいた無所属の議員がいる。その議員は小林太郎さんという人だ。今まで全く無名であった彼がなんで90%もの投票結果を出せたのか。それは彼の選挙戦略方法にある。なんと自分の頭部に自分の名前を書いて宣伝したのだ。どこに行っても小林太郎という印象を与えたのだ。どのように自分の顔自体を小林太郎としたのかは不思議だが、結果が成功だったことを物語っている。人々は小林太郎という名前を自然とインプットされたのだ。政治家としての腕の見せ所はこれからの成果だが、新しい政治戦略の幕開けかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>