Leek Reindeer

Leek Reindeer

北国に存在するトナカイを自然で見るととても壮大だ。体のラインも綺麗だし、何と言ってもあの長い角がとても特徴的で印象深い。さらにサンタクロースとトナカイがセットになっているイメージで良い印象がもともとあるのだ。その自然のトナカイに異変が起きているらしい。それは北欧に生息するトナカイで、あの立派な角がおかしなことになっているトナカイがいるというのだ。早速調査に行って見ると簡単にそのトナカイに遭遇した。遠目から見ても明らかに今までのトナカイとは違う。トナカイの角があの長ネギになっているのだ。なんで長ネギに変化したのかは今だにわからない。もともと北欧の森には存在しない長ネギなのに、どうやったらこんなことになるのだろうか。これは何かのサインなのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>