Konnyaku Bump

Konnyaku Bump

いてーーーー。先日思いっきり頭をぶった。その時の衝撃で数分気絶してしまった。そのくらい強打したのだ。その時できたコブの大きさと言ったら尋常ではない。握り拳くらいのコブができたのだ。そしてさらに驚くのは、このコブがあるものに変化したのだ。それはコンニャクである。なんでコブがコンニャクになるのかさっぱりわからない。とても柔らかくて、適度な硬さもあり弾力性があるのだ。コンニャクになって全然コブが引く気配もない。だがコンニャクになったので、触っても痛くないし、ぶつけたって蒟蒻の弾力で跳ね返してしまうからだ。これは身体がコブを更にぶつけたら危ないと察知して、進化したのかもしれないが、なんでコンニャクになるかはやはり謎だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>