Field of Dreams

20120903-164229.jpg
この前実家に戻った時、偶然通りかかった河川敷沿いにある野球場。小学生の頃、野球ボーイだったおれは、そういやここで試合したなと急に思い出しました。ライトにヒットを打ったこともちゃんと覚えております。記憶というのはこういうのがきっかけでふと思い出すものですね。すっかりネットはボロボロになっているけど、まだ野球をしているのでしょう。なくなっていたら思い出せなかったろうなー。変わりゆくのもいいけど、思い出がそのまま残っているのもいいものです。

Plastic Bag Man

Plastic Bag Man

エコロジーということが叫ばれてきたのは個々数年の話。いまでは一般人までもが、エコに気をつけて生活している。そのいい例がエコバックの使用率がかなりあるということだ。もともとスーパーの袋は、資源の無駄でしかない。今では袋のにもお金を払っているので、少しは改善されて入るのだが、やはり各々がエコバックを持っているのが望ましいのだ。そんなことを普及活動しているおじさんが私の住む町ではもう、かれこれ30年以上前からはいるのだ。いつもスーパーの前にいて、エコバックをもとうと叫んでいるのである。そのおかげで、この近所に住んでいる大体の住民はエコバックを使用している。このおじさんのおかげなのだ。だが、肝心のおじさんはスーパーの袋で生活をしている。それはどうかなと思うけど、エコバックの普及の一環だと思えばいいかな。