Face Stamp

Face Stamp

指紋認識やら眼球認識やら世の中は情報社会なので、セキュリティーの方法がたくさん出てきている。それでも、なかなかセキュリティーを完璧にするのは難しいといわれているのだ。昔から個人情報を認識する方法は欧州だとサイン、アジアだと印鑑となっていた。印鑑は複雑に作れるのだが、やはりまねしやすいので、個人情報が無断で使われたり、なにかとセキュリティーの面で弱かったのは否めない。この度、指紋認識という技術ができたことで、印鑑と指紋認識を合体させたセキュリティーの方法が開発されたのだ。それは顔そのものに印鑑の情報を記憶させて、顔をそのままセキュリティーとして使用するというとんでもない技術なのだ。もう、個人情報を簡単に盗めないようになったのだ。さすが日本の科学技術!あくまで印鑑にこだわった開発をしていたためこのような方法が生まれたのだろう。この技術のおかげで、世界的に印鑑の重要性が再考されてきているらしい。世界のスタンダードになるのだろうか?