Shuriken Forehead

Shuriken Forehead

先日に忍者の里を訪れたときに事件が起きた。忍者パフォーマンスでしていた手裏剣ショーの手裏剣が自分の方へ飛んできたのだ。気づいた時にはすでに遅かった。目の前に手裏剣があったのだ。思いっきり顔に手裏剣が当たったのである。これは死んだと思った。記憶を失って起きたら痛くも痒くもない。何が起きたのだろうか。自分を見てみると手裏剣が額に刺さったままだった。どういうことだ⁉︎なんで手裏剣が額に刺さったままなのだ!病院の先生に聞いてみると、脳まで達成していて取ると危ないというのだ。もしかしてこれから手裏剣をつけたまま生活をしなければいけないのかと思うとお先真っ暗だ。