Circle Boil

Circle Boil

顔中におできができてしまった。どうしてこんなにも顔中にお出来ができてしまったのだろうか。皮膚科に行ってお薬をもらって塗っている。だが一向におできは治らない。どうしたものかと思っていたら、おできは少しづつ外側に移動していることに気づいた。最終的に全てのおできは顔の周りまで到達して顔を1周して囲むおできになったのだ。なんだこりゃ、どうしてお出来が移動するのだ。それも顔の周りに!こうなるとどうやって治していいのかわからない。おできなのでいつかは無くなってくれるといいのだが。

Screaming Bird

Screaming Bird

キャーーー!突然夜中に外から悲鳴が聞こえてきた。なんだ、何か事件が起きているのか?そして数分後に何度も悲鳴が聞こえた。何が起きているのか。この悲鳴は朝まで何回も続いたのだ。朝からこの悲鳴のニュースが流れていた。何かの事件なのかと思えば、ある鳥の鳴き声なのだという。その名も悲鳴鳥というのだ。南米アマゾンに生息する鳥のようで、なぜか日本に現れたというのだ。この悲鳴鳥が夜通し鳴いていたというのである。とても大きな鳴き声だし、従来は輸入していけない鳥のようで、朝から捕獲騒動が起きている。だが今のところどこにいるのかわかっていないようだ。今晩もあの悲鳴が聞こえるのだろうか。

Apple Monkey

Apple Monkey

東南アジアにはたくさんの猿がいる。その猿がどういうわけか日本の青森に住み着いている。そしてある進化を遂げているのだ。それはりんご猿になったことである。青森の名産といえばりんご。そのりんごを主食とする猿になったのだ。それはまだ想像できるのだが、このりんご猿は顔の形をりんごの断面のような容姿に変わったのだ。りんごを主食として食べるだけでこんなに短期間に種類が変わるのかと話題になっている。そのくらい猿にとって青森のりんごは衝撃的だったのかもしれない。

Magma Head

Magma Head

最近頭が割れるくらいの頭痛を感じていた。突然痛みがあって2-3分で治る。こんな状態が数ヶ月続いたのだ。そして最終的に頭が割れた。本当に割れたのだ。そして中から赤いものが現れている。どうも脳みそではないようだ。それでは何が出てきたのか。なんと頭からマグマが現れたのだ。そんなことってあるのか?このマグマはどうも生きているようなのだ。自分の感情によって温度を変えているように見える。今までまだ一度も噴火して流れ出ていることはないが、激怒した時はどうなるかわからないので、自分の感情をコントロールするように鍛えている。どうかこのまま変化しないことを願っている。

Mayo Fairy Tail

Mayo Fairy Tail

マヨネーズはどうしてこんなにも世界で愛されているのか。絶妙な味がなんの食材にも合うし、料理のアクセントにもなるので人気があるのだ。だが一方でカロリーが高いので敬遠されがちでもある。だが魔物のような味なのでどうしても我慢できずに食べてしまうことが多い。その理由はマヨネーズには妖精が存在するからだ。マヨネーズの妖精がマヨネーズに魔法をかけているのだ。それは人物に魔法をかけているのと同じ効力で、たまにマヨラーから妖精に変わることもあるようだ。マヨネーズの恐ろしさを感じる。

Burger Turtle

Burger Turtle

ハンバーガーがここまで世界で食べられるフードになるとは思わなかった。手頃な価格と食べやすさが世界に広まった理由だろう。この話は人間だけの話ではない。生物の世界でもハンバーガーは影響を与えていたのだ。それはカメである。カメの甲羅部分がハンバーガーになっているカメが増えているのだ。何がどうなってこんなことになっているのか。どうも破棄されたハンバーガーにカメが興味を持ち甲羅を取り替えてしまったようなのだ。どうして取り替えたいのかと思ったのかは謎だが、最近ハンバーガーカメが増えているのだそうだ。新たな種が誕生した瞬間である。

Bamboo Man

Bamboo Man

友人に変わった人物がいる。初めて会ったときはとても衝撃的だった。なぜなのかというと、彼は竹だったからだ。厳密には竹みたいだったのだ。竹そのものの形をしていたのだ。どうしてそんな人間がいると思うのだろうか。そのくらい変わっていたのだ。だが接してみるとごく普通の人物であったし、どちらかというと平凡な性格であった。彼曰く見た目はこんな感じだけど、子供の頃から平凡な人格だったらしい。それが特徴として現れたのが竹だったようだ。性格がこのように見た目に現れるのはもしかしてあることなのかもしれない。

Poonkun

Poonkun

身体が重く感じる。最近不調が続いている。この原因はなんとなくわかっている。今巷で流行っている「ポーンくん」の仕業だ。ポーンくんとは何か。それは背中にとりつく妖怪だ。妖怪なんて信じてもいなかったが、このポーンくんは目に見える妖怪と言われている。確かに自分を鏡で見ていると、うっすら何かが背中にいて身体にしがみついているのがわかる。そしてこのポーンくんの色でその人に影響を与えているのがわかるというのだ。オレのポーンくんは黄緑色をしている。それは内臓が悪いというサインのようだ。健康が回復したらポーンくんはいなくなるのだろうか。早く回復して身軽になりたい。

Fish Eyes

Fish Eyes

目の前がぐるぐるしている。どうして焦点が合わないのだろうか。何かがおかしい。鏡を見てみたら何やら変なものが目の前にある気がする。手探りで触ってみるとある形になっていることに気づいた。それはお魚だ。どうも目がお魚になってしまったようだ。そのためにいつもと違う視界になっていたのだ。だが所謂魚眼レンズのように見えているわけではない。極端に視野が狭くなっているだけだ。どうしてこんなことになってしまったのか。昨日の晩のことを思い出しても全くいつも通りだったのでどうしてなのかわからないのだ。これって一生魚に目になったままだろうか。不安でいっぱいだ。

Chimney Head

Chimney Head

どうしてもすぐに怒ってしまう。すぐに熱くなってしまうのだ。この性格をどうにかしたいと思って早26年立っている。未だにどのようにコントロールしたらいいのかわからない。そして最大に怒った時に起こるのが、頭から煙突が出てきて煙が出るのだ。どんな現象だ!と自分でも思うのだが、ここまで怒ると自分でも記憶が残っていないので、どうなっているのかわからないのだ。よって今の段階では怒るのはまだ仕方がないとしても、記憶がなくなるまでの怒りをどのように抑えていけばいいのかを考えている。これは性格なのでどうしようもないかもしれないけれども・・・