Test Tube Scientist

Test Tube Scientist

こんな科学者がいたとは驚いた。普段は一般の人々は知らないお仕事だが、テレビのインタビューをきっかけにテレビ番組に出だした科学者がいる。それは試験官の形をした頭部を持っている科学者だ。どうしてそんな見た目なのか?そしてこの科学者がとても面白いということで人気が出たのだ。主にバラエティー番組や教育番組に登場している。ではどうして試験官の頭をしているのか?あまりにも科学に力を入れすぎたために、ある薬品が体に付着して変形してしまったのだそうだ。それ以来試験官になってしまったのだそう。だが本人は科学者に近づいたので、とても満足しているそうだ。

Fish Mouth

Fish Mouth

どういうことだろう。なぜ口が魚になってしまったのか。あまりにも想像を超えている出来事だったので戸惑いを隠せない。それは突然起きた。前日に刺身を食べたのがきっかけだったのか、翌日には口が魚の頭になっていたのだ。そしてこの魚が生きているのだ。口をぱくぱくしているので、勝手に自分の口が動いているのだ。そして口が魚になってから味覚が変わった。今まで食べなかった小魚を食べたくなるようになったのだ。これって魚になった口が求めているのかもしれない。どうやったら元の口に戻るのだろうか・・・心配だ。

Octopus Legs Nose Hair

Octopus Legs Nose Hair

年を重ねると鼻毛の伸びてくるスピードが早くなってくる。どういうわけなのかわからないが、耳毛も生えてくるので、何かしら関係があるのだろう。鼻毛を頻繁に切っていたらなんか変な鼻毛が出てきた。その鼻毛はとても太かったのだ。切っているうちに太くなってたくましくなったのだ。そしてついて鼻毛がタコの足になった。どういうことだ?どうして鼻毛がタコの足に?そして変幻自在に動くのだ。まるで生きているかのようだ。毎日伸びてくるので、毎朝このタコの足を切らなければいけない。どうにかして治しなたいのだが、あまりにも想像を超えた出来事なので、どうしていいのかわからずに困っている。

Tonkatsu Pig

Tonkatsu Pig

まさにこれは料理の革命と言えるのではないか。こんな調理方法ってあっていいのだろうか。これは新たなトンカツの話だ。なんと丸ごと豚をトンカツにするという調理方法だ。それも生きたままトンカツにするというちょっと考えたくもないが、新鮮なままトンカツにするのでとても美味しいらしいのだ。そして驚くのが生きたまま調理しているのに豚は生き続けていることだ。生きたままの状態で食べるのでかなり新鮮なので美味しいのだろう。だが豚と目があっても食べられる自信はない。この調理方法を編み出したシェフはとんでもないのかもしれない。

Seaweed Glasses

Seaweed Glasses

まさか海藻にこんな秘められた力があるとは思わなかった。海藻には紫外線やブルーライトをカットする力があったのだ。これはメガネにとても適しているということだ。だが黒いので普通のメガネとしては使用できなかった。だがこの度海藻を使用したサングラスが登場した。その名ものりグラスというものだ。言葉の如く海苔を使ったサングラスだ。海苔を四角い形状にして眼のところに貼るのだ。それだけでサングラスになるという製品だ。これがとても便利で外出先でも気軽に交換できるし、つけることができる。何か未来感もあって人気が出てきているのだ。新たな海藻の使い方に注目されている。

Onion Escape

Onion Escape

先日不思議な光景を見た。それは田舎の道路を車で移動していた時だ。何やら車の前をたくさんの何かが横断している。動物なのかは遠くからはわからなかったが、近づくにつれてなんだか最初はわからなかった。あまり見たことのない形状だったから。車から降りて見てみると、なんと横断していたものはタマネギだったのだ!そんなことってある?タマネギに足が生えていて走っているのだ。こんな光景は見たことがない。とても驚いた。その後はタマネギを踏まないように車で進んだ。あの辺りのタマネギは移動をするらしい。超常現象を見たのだと思う。

Clock Nose

Clock Nose

自分は重度の遅刻魔だ。遅れない日がないと思うほど、毎回遅刻している。最悪なのが飛行機や電車の時間に遅れることで、毎日スケジュールに遅れが出ている。時計をみているのだが、いろいろな理由で遅刻してしまうのだ。そんな自分にできた出来事だ。それはちょうど鼻の上にほくろが一つできた。どうしてこんな目立つ場所にできるのだろうと思っていたら、このほくろからまた二つの棒みたいなのが伸びてきたのだ。そしてこれが時計のように回るようになったのだ。まさに鼻の上に時計ができるとは思わなかった。だがこの時計のおかげで少しずつ遅刻が減ってきたのだ。いいんだか悪いんだかわからない出来事だ。

3C Dango Kun

3C Dango Kun

世の中には本当にいろいろな人がいるものだ。先日あった人は本当に変わっていた。なんと団子の形をしていたのだ。そんな人間っているのか?自分の目を疑った。だがどう見ても人間だったのだ。どういう人なのだろうと会話をしてみた。でも本当にそのまま人間だった。単に見た目が団子だけだったのだ。でもどうして団子だったのだろうか。最後までそのことについては聞くことができなかった。どうしても悪い気がしたのだ。でもどうみても聞いたほうがよかったのかもしれない。今後彼と会うことがあるならぜひ聞いてみようと思う。

Tactile Light

Tactile Light

どうしてこんなものができてしまったのだろうか。頭が痛いなと思っていたら、徐々に何か突起物が出てきた。日に日に長くなってきて、ついにライトのように光るようになったのだ。どういうことだろう。なんのために灯りがついているのか。そもそもこれはなんなのだろうか。夕方になると自動的にこのライトは点灯する。何かを照らすためなのは間違いない。でも自分の生活上そこまで灯りが必要だとは思ったことがない。本当にこの触覚のような灯りはなんなのだろうか。今のところ使い道に困っている。

Eels Ear

Eels Ear

耳の中がなぜかモゾモゾする。何かが入って動いている感じだ。虫か何かが耳の中に入っているのだろうか。耳かきで取り出そうとしても何も出てこない。どうしたものかと思っていたら、何かが耳の中から出てきた。それを見てとてもびっくりした。なぜなら出てきたものが、うなぎだったからだ。どうしてうなぎが耳の中から出てくるのか。いつうなぎが耳の中に入ったのか。想像を超えている出来事だったので、自分でも理解できないでいる。このうなぎは耳の中を出たり入ったりしている。どうも自分の耳を巣か何かだと思っているのかもしれない。どうすればいいのかわからずに困っている。